デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が「デジタルカメラグランプリ2018」にて総合金賞を受賞

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が、2017年9月29日に発表された「デジタルカメラグランプリ2018」において、最高位となる総合金賞<デジタル一眼>を受賞したことをお知らせいたします。

「デジタルカメラグランプリ」とは、今回で10周年20回目を迎える、メーカーからエントリーされたデジタルカメラやフォトアクセサリーを対象に、写真を“撮る”だけにとどめず“愉しむ”ための優れた製品を選出するデジタルイメージング機器の総合アワードです。
写真家・評論家・販売店からなる審査委員による厳正な審査により、各部門賞を受賞した製品の中からもっとも優秀であると評価された製品として、「ニコン D850」が総合金賞<デジタル一眼>を受賞しました。

すべての受賞製品はフリーマガジン・デジタルカメラグランプリ「受賞製品お買い物ガイド」に掲載され、販売店などで配布されます。

「デジタルカメラグランプリ2018 受賞製品お買い物ガイド」
http://www2.phileweb.com/pdf/dgp2018/ebook_dc2018/


■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171012-6021.pdf

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニコンイメージングジャパン >
  3. デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が「デジタルカメラグランプリ2018」にて総合金賞を受賞