人気のプロテオグリカン原液 ハリ・弾力ケアを進化 5/15先行販売スタート

 エイジングケアブランドNo.1(※1)「fracora(フラコラ)」を展開する株式会社協和(東京都新宿区、代表取締役:堀内泰司)は、人気の原液美容液「プロテオグリカン原液」のプレミアム版『ディープ プロテオグリカン原液』の5月15日(土)先行販売を決定いたしました。
 


2021年5月15日先行販売スタート
https://www.fracora.com/products/32200701.html


 フラコラは人気の原液美容液シリーズ累計2,400万本(※2)突破を記念して、濃度と浸透度(※3)がパワーアップ(※4)した「ディープ プラセンタエキス原液」「ディープ プロテオグリカン原液」を発売いたします。さらに、お客様の声のお応えし5月15日より先行販売となります。
  • 開発背景
 プロテオグリカンは、ヒアルロン酸と同等以上の保水力が期待できることで、肌の土台を支えるコラーゲン等をサポートしてハリ・弾力をもたらす成分で、フラコラはその機能にいち早く着目しました。大人の肌の細部まで浸透(※3)する原液美容液“ディープシリーズ”「ディープ プラセンタエキス原液」に続き、「ディープ プロテオグリカン原液」で、ハリと弾力を強化(※4)することを目指し、開発チームで研究し続けた事で、プロテオグリカンの最上級(※5)の製品化が実現しました。
 
  • 新製品「ディープ プロテオグリカン原液」3つのポイント
①    植物性プロテオグリカンの花びら構造が密着し、浸透(※3)して水分を閉じ込める
②    10倍(※4)濃度で浸透力(※3)をさらにUP(※4)!
③    「機能性シールド膜」で活性(※6)をサポート、浸透(※3)を後押し

製品詳細 URL:https://www.fracora.com/products/32200701.html
  • ご使用ステップ

  • 美容液業界シェア
参考資料:出典/富士経済「化粧品マーケティング要覧2021No.1」
 通販ブランドでは原液美容の「フラコラ」(協和)が上位シェアに位置しており、2020年も先端成分を採用した新商品を数多く投入している。抗老化では通販チャネルで原液美容を主体とした「フラコラ」ブランドを展開する協和がトップメーカーに位置している。

■2019年度「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定:オリンピック・パラリンピック準備局
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/08/02.html
■2017年度より4年連続スポーツ庁認定「スポーツエールカンパニー」に選定:スポーツ庁
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/jsa_00064.html

※1 化粧品マーケティング要覧2021No.1美容液抗老化2020年実績 (株)富士経済 ※2 シリーズ累計販売本数(30mL換算)2021年5月10日実績 (株)協和調べ ※3角層まで ※4当社従来品比 ※5フラコラ原液シリーズ内において ※6 スキンケア効果のこと
 
  • 会社概要
会社名:株式会社協和
設立:1960 年
住所:〒160 0023 東京都新宿区西新宿 1 22 2 新宿サンエービル 9 F
代表取締役:堀内 泰司
事業内容:ビューティー&ヘルス事業
ブランド名『フラコラ』 https://www.fracora.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 協和 >
  3. 人気のプロテオグリカン原液 ハリ・弾力ケアを進化 5/15先行販売スタート