サイボウズ、JBATが「Maker Faire Tokyo 2020」に共同出展

VR技術や遠隔ロボットを使ったオンラインでつながる体験が待っています!

サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下サイボウズ)は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:吉松正三、以下JBAT)と、10月3日(土)、10月4日(日)に開催される日本最大級のものづくりの祭典「Maker Faire Tokyo 2020」(会場:東京ビックサイト 西4ホール [スペースNo.:S-01-04])へ共同出展します。
ブースでは、「モノとつながるkintone」をテーマに、リモートでお酌をする作品や、居合切りの極意をIoTで実現したゲームなど4つの作品を展示する他、kintoneをわかりやすく解説する同人誌も配布します。




■見どころ
居合切り「KATANACTION」(サイボウズ作品)
刀身を鞘にしまった後に対象が真っ二つに切れる居合斬りの極意をIoT連携で実現! それだけでなく、反応速度を Web DB(kintone)に格納して、反応速度が早い人をランキングで表示する作品。

 


遠隔お酌ロボ「OSHIYAKUN」(JBAT作品)
流行りのオンライン飲み会ではお酌ができない!「まぁ、まぁ1杯」をスマートフォンとお酌マシンで実現した作品。
 


その他、リモートワークが増えてチームの様子がわからない!という困りごとをVR技術で解決する作品「VR分報」や、懐かしい鉛筆を転がすゲームをデジタル化した令和のエンピツバトルゲーム「enpitune(エンピツーン)」を展示します。

 

VR分報(サイボウズ)VR分報(サイボウズ)

enpitune(JBAT)enpitune(JBAT)

 
 
■イベント概要
イベントサイト:https://makezine.jp/event/mft2020/
主催:株式会社オライリー・ジャパン 
会期:2020/10/3(土)12:00~17:00(予定)
     2020/10/4(日)10:00~16:00(予定) 
会場:お台場・東京ビッグサイト(東京国際展示場)西4ホール 
入場料:前売:大人 1,000円、18歳以下 500円
※ 会場内の「密集」「密接」の発生を避けるため、「入場時間を指定した前売チケット」のみの販売


■kintoneとは
製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。



※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、下記をご参照下さい。
http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイボウズ株式会社 >
  3. サイボウズ、JBATが「Maker Faire Tokyo 2020」に共同出展