乗り換えや周辺施設への案内機能のさらなる強化を目的に、駅構内をリニューアル 東横線・目黒線武蔵小杉駅に新たな情報発信スペース「こすぎアイ」が誕生します!

大型デジタルサイネージやイベントスペースを駅改札内に新設

 当社は、2月27日(月)、東横線・目黒線武蔵小杉駅改札内に、大型デジタルサイネージを備えた情報発信スペース「こすぎアイ」を新設します。
 当社は、2月27日(月)、東横線・目黒線武蔵小杉駅改札内に、大型デジタルサイネージを備えた情報発信スペース「こすぎアイ」を新設します。
 武蔵小杉駅周辺では近年、大型のマンション分譲や商業施設の開業により人口・来街者数が増加し、東急線武蔵小杉駅の乗降人員は10年間で約17%上昇しています。この状況に対応すべく、同駅では、乗り換えや周辺施設への案内機能のさらなる強化を目的に、2016年10月21日から駅構内のリニューアルを実施しており、2017年3月末の完成を予定しています。
 今回、リニューアルの一環として新設する「こすぎアイ」には、大型デジタルサイネージと広さ8㎡のイベントスペースを設置します。サイネージでは、地域・沿線の暮らしに役立つ情報や鉄道運行情報・鉄道マナー啓発などを発信するほか、地元密着型クラブとして活躍する、川崎フロンターレの選手からのメッセージ動画も放映し、まち全体を盛り上げます。また、災害時にはリアルタイムに緊急ニュースなどを配信する情報発信ツールの役割を担います。
 サイネージとイベントスペースを連動して利用することも可能で、地域の魅力を発信する展示やイベントなど、幅広い用途に活用することができます。
 なお、「こすぎアイ」の名称は、武蔵小杉のまちに親しみを感じていただけるよう1カ月間公募し、約300通の応募の中から決定しました。
 同駅では、これまでにもマルチメディアホームドアやタッチパネル式デジタル時刻表の設置など、お客さまにとってより親しみやすく、分かりやすい駅構内空間の実現に向け、さまざまな取り組みを行ってきました。
 当社は今後も、さらなる駅の利便性・快適性向上に努めると共に、地域の皆さまと一緒に地域活性化に取り組むことで、「日本一住みたい沿線 東急沿線」を実現します。

 詳細は別紙の通りです。

「こすぎアイ」 完成イメージ「こすぎアイ」 完成イメージ

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 東急電鉄
  3. 乗り換えや周辺施設への案内機能のさらなる強化を目的に、駅構内をリニューアル 東横線・目黒線武蔵小杉駅に新たな情報発信スペース「こすぎアイ」が誕生します!