この時代にも変わらぬ「一枚の絵の力」を。オンライン展覧会が「OIL by 美術手帖」でスタート。売上の一部は、アーティストと新型コロナウイルスの影響を受けた方々の支援に。

現代アートギャラリーのHARUKAITO by islandが企画を手がける「一枚の絵の力」展が、4/30(木)からアートECサイト「OIL by 美術手帖」と連動してスタート。作品売上の一部は、東方文化支援財団を通じてアーティストと、新型コロナウイルス感染拡大の影響で不自由な思いをされている方々へ寄付します。5/20(水)〜31(日)は、PROJECT 501にて実際の展示も公開予定。(予約制)
 

「一枚の絵の力」展は、東日本大震災があった2011年「Art Action 3331」にて生まれた企画。「かわらない一枚の絵の力」をテーマに、会場に設置された募金箱によって集められた募金を、アートNPOエイドにとどけました。その後2012年NADiffにて、2017年にはBLOCK HOUSEにて、さまざまに形を変えて企画・開催されています。

 今回の「一枚の絵の力」は「OIL by 美術手帖」にて、オンラインで展示を開催。売上の一部は、この状況下でも変わらず表現に真摯に取り組むアーティストと、新型コロナウイルスの影響で不自由な思いをされている方々へ寄付します。

 取り扱い作品は13万円をベース価格として販売、売上金は作家への還元分とシステム管理費+寄付金に充てられます。ベース価格にプラスして、購入者が自由に設定していただける寄付額の追加も可能となっています。(上限金額の設定なし)寄付は「東方文化支援財団」(*)を通して、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた方々の支援に使用されます。

 また和佐野有紀氏の協力のもと、5月20日〜30日の期間限定で「PROJECT 501」でも展示を実施予定、3D ARCHIVEや映像でも内容をお届けします。(http://project501.tokyo

(*)東方文化支援財団:寺田倉庫・前社長の中野善壽氏が「モンブラン国際文化賞」(2018年)受賞をきっかけに設立した財団。東京、アジアの地域や国境を越え、ボーダレスにネットワークをつくり、文化的な支援をしていくことで、争いのない東方文化圏の確立をめざして、活動を続けている。アートのためのICタグ付きブロックチェーン証明書発⾏サービス「Startbahn Cert.」をサポートしており、今回の展⽰においても提供を予定している。

 

平田尚也平田尚也

大小島真木大小島真木

 

BIENBIEN



■HARUKAITO by islandディレクター・伊藤悠より
思うことは、大恐慌時代も、戦時中も、絵を描いてきた先人はいたということです。いまも黙々と、アトリエで制作しているアーティストのみなさまは、絵と真摯に向きあっていらっしゃると思います。私がこれまでやってきたことは、そうしたアーティストの作品と人を出会わせるということなので、いまもやはりそれが私のできることだと思いました。

 WEB上でご覧になって気に入っていただいた作品は、しばらくしたらお手元に届きます。絵とともに生きると、あの人のことこの人のことを思い、励まされます。あなたのお家に届くのを楽しみにしています。

■参加アーティスト一覧
∈Y∋
足立喜一朗
ARIKA 
Everyday Holiday Squad 
大小島真木
華雪 
加茂昂 
Keeenue 
玉山拓郎  
DIEGO
永田康祐
濱口桜子
BIRDMAN  
BIEN 
平田尚也 
布施琳太郎

■会場名
OIL by 美術手帖 (ONLINE) / PROJECT 501
■展覧会タイトル
一枚の絵の力 Power of a painting
■会期
2020. 04.30 - 05.31 (ONLINE) / 05.20 – 05.31 (PROJECT 501)
■休館・休廊日
ONLINEはなし / PROJECT 501はアポイント制
■開館時間
アポイント制(03-6874-3273まで)
■住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ501
■URL
https://oil.bijutsutecho.comhttp://project501.tokyo
■企画
HARUKAITO by island
■協力
東方文化支援財団

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 美術出版社 >
  3. この時代にも変わらぬ「一枚の絵の力」を。オンライン展覧会が「OIL by 美術手帖」でスタート。売上の一部は、アーティストと新型コロナウイルスの影響を受けた方々の支援に。