【スノーピークとJR九州がニューノーマル時代の新たな体験の創出】野遊びとモビリティで紡ぐ九州の魅力

~株式会社スノーピークと九州旅客鉄道株式会社との包括連携協定締結について~

 

 

 

​ 株式会社スノーピーク(代表取締役社長:山井梨沙、本社:新潟県三条市)と九州旅客鉄道株式会社(代表取締役社長執行役員:青柳俊彦、本社:福岡市博多区)は、九州全域におけるアウトドアを通じた地域の魅力向上や観光誘致、また新たなライフバリューの提案を目的に以下のとおり包括連携協定を締結いたしましたので、お知らせします。

 


1.協定の目的
 九州における地方創生に関わる様々な分野で相互に協力し、各々の強みとブランド力を活かし協働した取組みなどを通じ、魅力的で持続可能な地方創生を実現していくため
 
2.協定で定める連携事項
(1)地方における地域の魅力向上、観光客誘致に関すること
(2)地方におけるライフバリュー提案に関すること
(3)地方におけるワークスタイルの変革に関すること
(4)防災への取り組みに関すること
(5)その他九州におけるまちづくり及び地域創生事業

3.協定の締結日
 2020年10月28日

4.包括連携協定に伴う今後の連携事業(予定)
(1)JR熊本駅ビル出店、旅の出発点となる体験型店舗展開
 ・アミュプラザくまもとへ九州初となる飲食業態併設でスノーピーク直営出店
 ・拠点(or駅)発、体験型アウトドアツーリズムやワークショップ等の企画
 ・オフィスワーカー向け野外ワークスタイル(キャンピングオフィス)のご提案

キャンピングオフィス イメージキャンピングオフィス イメージ

スノーピーク アミュプラザくまもとスノーピーク アミュプラザくまもと

(2)「野遊び×モビリティ」で紡ぐ新たな体験型地方創生事業
 ・JR九州ウォーキングにおける野遊びタイアップ企画(初回2021年春南阿蘇コースを予定)
 ・D&S列車と共催するグランピング事業の創出

野遊びタイアップイメージ野遊びタイアップイメージ

D&S列車イメージ(特急「A列車で行こう」)D&S列車イメージ(特急「A列車で行こう」)

(3)宿泊拠点連携で地域の魅力創出と回遊を図る事業の創出
 ・奥日田温泉うめひびきにて体験型宿泊オプション企画実施(焚火体験等)
 ・スノーピーク奥日田キャンプフィールド利用者へうめひびき温泉利用優待の実施
 ・オリジナルグッズ等の企画(梅酒、キャンプギア 等)

体験型宿泊オプション イメージ体験型宿泊オプション イメージ

奥日田温泉 うめひびき奥日田温泉 うめひびき

上記取組みを皮切りに、今後も様々な分野での協業を検討して参ります。


5.株式会社スノーピークについて

<企業概要>
 「人と自然、そして人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とし、キャンプ用品・アパレルの開発・製造、国内外での販売のほか、地方創生、ビジネスソリューション等、幅広い事業を展開。新潟県三条市に大自然に抱かれた約5万坪のキャンプ場を擁する本社「Headquarters」を構える。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」
<創業>
 1958年
<本社所在地>
 新潟県三条市中野原456
<直営店>
 37店舗(2020年10月末現在)
<キャンプフィールド>
 7カ所(新潟県三条市、大阪府箕面市、大分県日田市、北海道帯広市、高知県越知町×2、土佐清水市)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 九州旅客鉄道株式会社 >
  3. 【スノーピークとJR九州がニューノーマル時代の新たな体験の創出】野遊びとモビリティで紡ぐ九州の魅力