「すらら」がChromebook™に4月16日から対応 Chromebookの採用が進む学校や学習塾などの教育市場での導入を促進する

人工知能✕アダプティブ・ラーニング!クラウド型学習システム「すらら」

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、クラウド型学習システム「すらら」をChromebook™に4月16日より対応※いたします。
「すらら」は、これまでWindows®、iPad、Android タブレットに対応していましたが、この度、Chromebookにも対応し、より利便性を向上させることで、教育市場での導入を促進したいと考えています。

Chromebookは、Google Chrome OSを搭載しているノートパソコン​で、既存のパソコン・タブレットと比較し安価に購入が可能で利便性も高いことから、特に教育業界での人気が高く、アメリカでは初等中等教育市場におけるシェアが50% を超えて​いると言われています。日本でも普及が進んでおり、既に導入を検討し始めている学校も出てきています。今回、教育市場においてChromebookの導入が拡大する可能性を先取りした対応により、​学校​や学習塾といった国内教育市場、および、海外市場において、Chromebook採用(検討)先への「すらら」の導入や、ICT教材の導入を検討している先へのパソコン購入費用低減の提案が可能となると考えています。

すららネットでは、今後も「すらら」の利用者や導入校・学習塾はもちろん、教育市場において有益なサービスを提供するため、「すらら」のさらなる進化を追求してまいります。

▲Chromebookを使用し「すらら」を学習する様子▲Chromebookを使用し「すらら」を学習する様子

※今回の対応は「すらら」小学校高学年版・中学生版・高校生版のみとなります。小学校低学年版は今後検証予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 すららネット >
  3. 「すらら」がChromebook™に4月16日から対応 Chromebookの採用が進む学校や学習塾などの教育市場での導入を促進する