炎を吐く!人が乗れる!世界最大,世界初の光のドラゴンロボット登場 全長13m高さ6.5m

【光の王国】開幕:2016年10月29日(土)~

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)で、2016年10月29日(土)に開幕する「光の王国」に世界初の『光のドラゴンロボット』がお目見え。高さ6.5m全長13mかつ、本物の炎との連動、LEDを搭載した光る巨大なロボット型のドラゴンとして世界最大かつ世界初を誇ります。
 “光のドラゴンロボット”は光の王国が点灯するとともにイルミネーション最大のスポットであるアートガーデンに出現。およそ7分間のショーの中では体の輝きを変えながら進み、口から勢いある炎を噴く圧巻の姿で見る人を魅了します。実際にお客様が搭乗することも可能で、ドラゴンの目線から見下ろす光の海を最高のロケーションでご覧いただけます。

 今年で7年目を迎えた「光の王国」は毎年進化を遂げ続けます。世界最大規模のイルミネーションで繰り広げる新たなエンターテインメントにご期待ください。
 

 

 



≪概要≫
【場所】アートガーデン
【稼働回数】日没後2回
【搭乗料金】2,000円(写真撮影付き)
【搭乗店員】6名
【規模】全長13m 高さ6.5m

「光の王国」概要

【開催期間】  2016年10月29日(土)~2017年5月7日(月)
【点灯時間】  18時00分~ ※日没時間により変動あり
【ボリューム】 1,300万球【スポット】 光のアートガーデン、光の滝、光のアンブレラストリート、
        光と噴水の運河、光の宮殿、レインボーフラワーガーデン、光のバンジージャンプなど


煌めきスポット一部ご紹介

光の滝・光のアートガーデン

2015年に誕生したダイナミックな光の滝。シンボルタワー「ドムトールン」の66m地点から光が溢れ出し、場内最大のイルミスポット「光のアートガーデン」の広大な青い海へと流れ込む光景は壮観。観覧車やドムトールンの展望室など、見る場所によって印象が変わる風景をお楽しみいただけます。
 


光と噴水の運河
約100mの運河の水中から虹色に輝く光と噴水のショー。
運河船が橋を通過するとショーのはじまりです。乗船して観覧するとまた違う目線でご覧いただけます。
■乗船料 パスポート提示で400円(一般800円)


日本初!!光のパレード&光の運河水上ショー
今年のパレードは水上ショーとダブルで楽しめるのが見どころ。光と噴水の運河を舞台に華やかな水上ショーをお届けします。
 




光のアンブレラストリート

頭上を彩るたくさんのカラフルな傘。夜には音楽に合わせて降り注ぐ光と3Dイルミネーションで賑やかな雰囲気へと様変わりします。ボールプールも登場し、撮影スポットにおすすめです。
■場所 アトラクションタウン

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. 炎を吐く!人が乗れる!世界最大,世界初の光のドラゴンロボット登場 全長13m高さ6.5m