フラガールが山口県周防大島町を訪問

タンカー事故から1年を前に、フラを通して生徒らと交流、笑顔と元気を届ける 2019年10月4日(金)

スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市、代表:井上直美)は、フラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)誕生55周年を迎えた節目に当たり、東日本大震災で多大なるご支援をいただいた全国の皆さまへの感謝、そして近年相次ぐ災害の被災地へ笑顔と元気を届けたいとの思いを込め、専属ダンシングチームによる「フラガール全国きずなキャラバン2019」を6月より展開しております。

 今回のキャラバンは、フラガールを養成する学校である常磐音楽舞踊学院が今年4月に創立55周年を迎えたのを機に8年ぶりに実施するもので、西日本キャラバンとして、10月4日(金)から10月6日(日)まで、西日本豪雨災害の被害を受けた、山口県周防大島町、広島県呉市と岡山県倉敷市の3県を訪問し、パフォーマンスを披露します。

 10月4日(金)、山口県周防大島町の県立周防大島高等学校をフラガールが訪問し、全校生徒250名が集まる体育館にて、特別ショーのほか、生徒の皆さまとのフラ体験を行い、交流を深めました。
 ダンシングチーム キャプテンのアウリイ晴奈は、「東日本大震災時の多大なるご支援・ご声援への感謝の気持ち、そして昨年発生した、タンカー事故からの復興に向けて進む周防大島町の皆さまに、フラを通して少しでも元気と笑顔を届けたいとの思いを込めて踊らせていただきました。」とコメント。


 今般の訪問は、東日本大震災での多大なるご支援への感謝の気持ちを届けるとともに、1年前に発生したタンカー事故において、被害を受けた周防大島町の皆さまへ、元気と笑顔を届けることを目的に実施いたしました。
 また、10月5日(土)・6日(日)は、西日本豪雨災害で被害を受けた、広島県呉市と岡山県倉敷市を訪問します。


▼山口県周防大島町とのつながり
2011年9月 「フラガール全国きずなキャラバン」にて訪問
2012年7月 カウアイ島姉妹島提携50周年記念前年祭に出演
2015年7月 周防大島町の明新小学校にて出前授業(震災学習)を実施
2019年8月 福島県いわき市で開催された「フラガールズ甲子園」に周防大島高校が出場

▼フラガール全国きずなキャラバン
https://www.hawaiians.co.jp/special/55thanniversary/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 常磐興産株式会社 >
  3. フラガールが山口県周防大島町を訪問