9月から講師研修をオンライン化。研修の充実と最新の状況に応じた内容へ素早く対応。

点数アップと大学受験に強い個別指導学院フリーステップ(株式会社 成学社)は9月から講師研修をオンライン化。昨今のコロナウイルス新規感染者の増加も背景のひとつではあるが、より一層の内容の充実と刻一刻と変化する入試や定期テストの状況に対応することが目的。研修後のテストやアンケートなども完全オンライン化している

■講師として現場に出られるまで
個別指導学院フリーステップの講師採用率は30%程と決して高くはない。採用後もさらに、合計180分以上の研修と20時間以上のトレーニング、テストと続く。「先生」として授業を受け持つようになってからも年度初めに開催する「講師全体研修会」、非常勤講師間での取り組みを共有する「講師フォーラム」など全非常勤講師を対象とした研修会を年に2回、各地域担当の非常勤講師のリーダーからの研修を年3回、教室ごとの活動を錬磨する会議を年3回実施している。

現在、緊急事態宣言下にある都府県在住の講師候補生は、対面の研修に参加しづらい状況にある。どんな就業先でもいえることだが、採用後すぐの研修期間が伸びれば、希望する職種で「プロフェッショナル」として働きはじめる日が後ろ倒しになっていく。また、住んでいる地域により差が大きくついてしまうことにもなる。

授業などでオンラインに慣れている大学生も多いことから、外出が難しい状況でも、時間を無駄にすることなく住む地域に関係なく受けられるオンライン研修に切り替えることになった。

■日々進化するシステムに対応
個別指導学院フリーステップは「学習プランナーの進路指導力」「講師の指導力」と「システムの力」により、毎年多くの合格者を輩出してきている。このシステムとは自社で独自に開発しているものが大半。そのため、頻繁に改良されていく。入試の方式が増える、定期テスト様式が変更するなどの学習環境の変化、保護者のニーズの多様化にも対応した機能も随時追加されている。研修をオンラインにすることで、これらの新機能や新サービスの情報を全国一括で更新することができる。またグループ会社である株式会社ナスピアが開発した「e-GOAL」(イーゴール)をオンライン研修に組み込み、研修内容の理解度を対面の研修時以上に正確に測ることも可能になっている。
※e-GOALについてはhttp://egoal.knospear.jp/

■その他の取り組み:契約書の電子化など
研修のオンライン化の他にも、採用時に結んでいる雇用契約書を電子化。目的は採用時の事務処理などの簡素化や効率化だけではなく、ペーパーレス化や移動の削減などを含めたSDGsが背景にあります。

目標4:質の高い教育をみんなに
目標5:ジェンダー平等を実現しよう
目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに
目標8:働きがいも 経済成長も
目標13:気候変動に具体的な対策を
目標15:陸の豊かさも守ろう

 個別指導学院フリーステップは教室の運営時だけでなく採用時もSDGsの達成に貢献できるよう尽力しています。

■個別指導学院フリーステップ 講師採用について
詳しくは
https://kaiseigroup-saiyo.com/-/top/kobetsu.html?tm1533

■個別指導学院フリーステップについて
定期テストの点数アップと大学受験に強いフリーステップは、個別指導のために厳選された講師、生徒・保護者としっかり向き合える仕組み、グループ全体が保有するデータを駆使した科学的な指導システムという3つの強みを生かし、オーダーメイドのカリキュラムで、無理なく、無駄なく目標達成にむけて、生徒、保護者と一緒に歩んでいく、個別指導の学習塾です

【入塾及びカリキュラムに関するお問合せ先】
株式会社成学社/個別指導学院フリーステップ
お問合せフォーム:https://www.kaisei-group.co.jp/freestep/request/
TEL:0120-88-0656 (9:00-22:00)

※取材及び本リリースに関するお問い合わせ先は下記の通りです
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社成学社 >
  3. 9月から講師研修をオンライン化。研修の充実と最新の状況に応じた内容へ素早く対応。