ASEAN諸国・東ティモールの青年を対象としたオンライン交流プログラムを開催いたします

対日理解促進交流プログラム「JENESYS」(対象国:ASEAN諸国・東ティモール)

 


新型コロナウイルス感染症の流行により国際間の人の往来が困難な状況においても、将来に亘る日本の外交基盤の礎となる諸外国の青少年との交流を継続することは重要です。
現在、外務省では、対日理解促進交流プログラム「JENESYS」をオンラインで推進しています。その一環として、ASEAN諸国及び東ティモールの青年を対象とした交流プログラムを開催します。
このプログラムでは、ASEAN諸国及び東ティモールの青年が、各国共通課題であるSDGsの取組等について、日本をバーチャル訪問し、多角的な視察や日本人との交流を通して、日本への理解を深めることを目的としています。

 

【開催概要】
名称:対日理解促進交流プログラム「JENESYS」 オンライン・プログラム
日時:2022年1月25日(火)~1月31日(月)

1月25日(火) 【オリエンテーション】
【日本理解講義】
1月26日(水) 【和食魅力ツアー】浅草商店街連合会
【車検に係る取り組み紹介】国土交通省近畿運輸局大阪運輸支局
1月27日(木) 【自治体講義】仙台市の概要・スマートシティの取り組みについての紹介(宮城県仙台市)
【SDG's関連講義】京都大学大学院教授
【自動車産業関連視察】
1月28日(金)

【学校交流】宮城県仙台東高等学校
【ホームビジット】岩手県久慈市・福島県南会津町

【交流・視察】自動車修理工場
【交流・視察】リノベーションを活用した街づくりについての紹介(東京都台東区)

1月29日(土) 【交流・視察】eスポGOMI※eスポーツとゴミ拾いを融合した環境保全イベント
1月30日(日)
1月31日(月) 
【報告会】

※諸般の事情により一部変更の可能性があります。

対象:ASEAN諸国及び東ティモールの青年(高校生から社会人)約300名(予定)
言語:英語
実施方法:Zoomミーティング
実施団体:一般財団法人 日本国際協力センターJICE)

【対日理解促進交流プログラム「JENESYS」事業概要】
「JENESYS」は、 日本とアジア大洋州の各国・地域との間で、 二国間・地域間関係の発展や対外発信において、 将来を担う人材を招へい・派遣、又はオンライン交流をする、 日本政府(外務省)が推進する事業で、 当センターがプログラム企画・運営を受託しております。 人的交流又はオンライン交流を通じ、 日本の政治・経済・社会・文化・歴史及び外交政策に関する対日理解の促進を図るとともに、 未来の親日派・知日派を発掘することを推進しております。 また日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者にSNS等を通じて積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、 日本の外交基盤を拡充することを目的としております。

【本件に関するお問い合わせ先】
一般財団法人日本国際協力センター(JICE) 国際交流部
お問い合わせフォーム:https://www.jice.org/contact/index.html

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 日本国際協力センター >
  3. ASEAN諸国・東ティモールの青年を対象としたオンライン交流プログラムを開催いたします