トライバルメディアハウス、ネットイヤーグループ保有株式の譲渡により独立した経営体制・事業推進へシフト

株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたび当社代表取締役社長である池田紀行、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(代表取締役社長CEO 島田雅也)、株式会社クオラス(代表取締役社長 松下幸生)、i-nest1号投資事業有限責任組合(i-nest capital株式会社、代表取締役社長 山中卓)、みずほキャピタル株式会社(代表取締役社長 大町祐輔)、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND(株式会社博報堂DYベンチャーズ、代表取締役社長 徳久昭彦)、三菱UFJキャピタル株式会社(代表取締役社長 坂本信介)に対して、ネットイヤーグループ株式会社(代表取締役社長 CEO 石黒不二代)が保有するトライバル株式すべてを譲渡しました。今回の株式譲渡により、トライバルは独立した企業体としてこれまで以上に強固な経営基盤と実行体制を構築してまいります。
トライバルは「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げ、2007年3月の創業以来、大手広告主におけるソーシャルメディアマーケティング支援サービスを中核として、さまざまなマーケティングサービスおよびSaaSビジネスの開発に取り組んできました。

変化の早いソーシャルメディア・デジタルマーケティング領域において質の高いサービスを提供し続けるためには、短期だけでなく中長期的視点に立ち、機動性と柔軟性を高めた経営的意思決定をすることが重要となります。

今後、トライバルは新たな出資企業・ファンドと連携し、保有するソーシャルメディアおよびデジタルマーケティングに関わる豊富なノウハウを用いて、多くの広告主と生活者の日常がより豊かで持続可能なものとなるマーケティングサービスを提供してまいります。
 
  • パートナー企業様からのコメント
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 代表取締役社長CEO 島田雅也様
ソーシャルメディアマーケティング領域においてトップクラスの実績を誇るトライバル社は、先進的かつユニークな取り組みで多くのクライアント様からの信頼を得ており、その知見を活かしたプロダクト開発にも注力されています。今後、企業と生活者の接点としてますます重要となる本領域において、新たな価値を生み出し続けるトライバル社に大いに期待しております。

株式会社クオラス 代表取締役社長 松下幸生様
コロナ禍で加速した社会課題の複雑化、ビジネスの変容により、広告会社に求められるソリューションは大変高度化しています。この戦略的パートナーシップは弊社の発展にとっても重要なマイルストーンです。トライバル社の豊富なソーシャルメディアマーケティングのノウハウを活かして、両社で次世代型クロスメディアプロモーションなど新たな価値の創出によりクライアント様の課題解決にお応えできることと確信しています。

i-nest1号投資事業有限責任組合
i-nest capital株式会社 代表取締役社長 山中卓様

ソーシャルメディア・デジタルマーケティング領域のリーディング企業として、多くの大手企業の支援を行ってきたトライバル社の独立を支援させて頂くことになりました。コロナ禍にて変化する消費者の生活スタイルにおいて、安心・安全、共感を求める消費者心理とSNS広告の親和性が高まる中、同社への期待はこれまで以上に大きく、同社の事業発展とIPOに向けた挑戦を全力で応援して参ります。

みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長 大町祐輔様
トライバル社は、企業のソーシャルメディア活用支援において、トップクラスのポジションを確立しています。企業のデジタルシフトが進むなか、ワンストップでソリューションを提供できる強みを基に、豊富なノウハウと池田社長の叡智を結集し、益々成長されることを大いに期待しています。今後はみずほグループ各社と共に、トライバル社の成長を全力で支援して参ります。

HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND
株式会社博報堂DYベンチャーズ 代表取締役社長 徳久昭彦様

トライバル社は、大手企業を中心に、幅広いソーシャルメディアの運用支援実績を有し、その知見を活かしたソーシャルメディア運用支援SaaSも開発しています。生活者へのエンゲージメント拡大を目的としたブランディングにおいて、ソーシャルメディアの利活用は欠かせません。今後は、企業と生活者のコミュニケーションデザインの変革に、ともにチャレンジしていきたいと思います。

三菱UFJキャピタル株式会社 投資第四部 次長 工藤弘樹様
トライバル社はソーシャルメディア黎明期から業界を牽引してきたトップランナーであり、確固とした顧客基盤と「ソーシャルメディアといえばトライバル」という知名度、企業ブランドを有していらっしゃいます。ソーシャルメディアマーケティング市場は今後も高い成長率が見込まれ、トライバル社の更なる成長を期待するとともに株主として成長を後押しできるよう支援して参ります。
 
  • トライバルについて
株式会社トライバルメディアハウスは、「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」というミッションのもと、大手企業のマーケティング支援からソーシャルメディアに関するツールの開発・提供まで幅広く手がけています。
https://www.tribalmedia.co.jp/

======
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
======
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライバルメディアハウス >
  3. トライバルメディアハウス、ネットイヤーグループ保有株式の譲渡により独立した経営体制・事業推進へシフト