小説家 平野啓一郎氏、前IT科学技術担当大臣 平井卓也氏登壇 今後の社会やビジネスへのデジタルリスクについて様々な分野の識者が議論 デジタルリスクフォーラム2020年8月31日(月)開催

~ウィズコロナの社会変革と新たなる企業リスク~

企業が抱えるデジタルリスクを予兆・検知・解決するソリューションを手掛ける株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原貴弘、証券コード:3967、以下「エルテス」)は、2020年8月31日(月)14:00よりオンラインで開催するデジタルリスク協会主催の「デジタルリスクフォーラム2020~ウィズコロナの社会変革と新たなる企業リスク~」に協賛し、当日のパネルディスカッションに代表取締役菅原が登壇いたします。
 新型コロナウィルスの感染拡大により社会の不可逆な変化が進むなかで、人々の行動が規制され、行政のビジネスの仕組みが変化するなど、新たな習慣が浸透しつつあります。この変化の中で、社会のデジタル改革はこれまで以上に加速していくと考えられますが、この変革に備え、社会やビジネスに生まれるリスクを認識し、適切な対策を講じることが求められています。

 本セミナーでは、小説家の平野啓一郎氏による、コロナを通じてデジタル化が拡大した社会での生活者の行動・思考の変化についての基調講演や、前IT科学技術担当大臣の平井卓也氏などをお招きしたウィズコロナによって加速する社会のデジタル変革に関するパネルディスカッションを行います。エルテスの情報アナリストによるデモセッションでは、テレワークに伴う働き方の変化により見えてきた新たなるリスクの紹介と共に、従業員の行動把握による対策法に関してご紹介します。貴重な機会ですので、ぜひともご参加を賜り、今後の取り組みにご活用頂ければ幸いです。

■開催概要
名称    :DIGITAL RISK FORUM 2020〜ウィズコロナの社会変革と新たなる企業リスク〜
開催日時  :2020年8月31日(月)14:00~17:00
開催場所  :EventHub
定員    :300名
参加条件  :無料・事前申込制
参加方法  :「EventHub」にて参加ができます。お申込後に、ご招待およびログインページをメールにてご案内いたします。招待メールが届かない場合はお手数ですが、お問い合わせください。なお、「EventHub」はパソコン・スマホなどからインストール不要でアクセスできます。お申込みはこちらのURL(https://eltes-event.com/drf2020/)からお願いいたします。
主催    :一般社団法人デジタルリスク協会
協賛    :株式会社エルテス

■プログラム
【基調講演】14:00~15:00
「コロナ後の生活者の行動・思考変化について」
コロナを通じてDXが急速に拡大する社会においての生活者の行動・思考変化について
講師: 小説家 平野 啓一郎

【パネルディスカッション】15:10~16:00
「ウィズコロナのデジタルリスクについて」
新型コロナウィルスの感染拡大により、社会の不可逆な変化が進んでいる。この変化の中で社会のデジタル変革が加速し、会社組織のマネジメントやリスクガバニングの考え方も大きく変化している。時代の変化に合わせ企業も新たなリスクにさらされており、新たな対策が必要であることをそれぞれの視点から提言。
登壇者:iU学長 中村 伊知哉
自民党デジタル社会推進特別委員長/前IT・科学技術担当大臣/衆議院議員 平井 卓也
三井住友信託銀行株式会社 常務執行役員 益井 敏夫
株式会社エルテス 代表取締役 菅原 貴弘

【デモセッション】16:10~17:00
「テレワーク時代の企業リスクへ。AIが人のふるまいから読み解く内部不正や労働管理について」
テレワークに伴う働き方の変化による、就業意欲の増減、情報漏えいリスクなどを紹介。企業の内部ログをAIを活用して分析することで、人間の振る舞いを読み解くエルテスのソリューションについてプレゼンテーション。
講師: 株式会社エルテス マーケティング担当部長 江島 周平
株式会社エルテス データインテリジェンス部 リスクインテリジェンスグループマネジャー 川下 巧

■講師/登壇者プロフィール
【基調講演】

平野 啓一郎
小説家
京都大学法学部卒。1998年、大学在学中に文芸誌「新潮」に投稿した「日蝕」により芥川龍之介賞を受賞。


【パネルディスカッション】

中村 伊知哉
iU学長
京都大学経済学部卒。2020年4月よりiU(情報経営イノベーション専門職大学)学長。 内閣府知的財産戦略本部、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。

 

平井 卓也
自民党デジタル社会推進特別委員長/前IT・科学技術担当大臣/衆議院議員
自民党広報本部長、国土交通副大臣、内閣常任委員長等を歴任。2018年、第4次安倍改造内閣にてIT・科学技術担当大臣に就任。また今般のコロナ禍においては、自民党デジタル社会推進特別委員長として、我々が目指すべき社会像を「デジタルニッポン2020~コロナ時代のデジタル田園都市国家構想~」として政策提言に取りまとめるなど、常に先を見据えた政策を発信し続けている。
 

益井 敏夫
三井住友信託銀行株式会社 常務執行役員
1986年住友信託銀行へ入社。執行役員 人事部長、業務管理部長を経て、2017年4月、常務執行役員に就任、IT及び業務プロセス管理を副担当。2017年11月からデジタル分野の主担当となり、現在に至る。三井住友トラスト・ホールディングス株式会社 執行役員を兼職。
 

菅原 貴弘
株式会社エルテス代表取締役
東京大学在学中の2004年にエルテスを創業。リスク検知に特化したビッグデータ解析ソリューションを提供する事業領域を拡大させている。2015年より、消費者庁の依頼を受け同庁官僚に対し「Web社会における炎上のメカニズムとリスクマネジメント」をテーマに講演を行う等、これまでの経験を活かして公的な貢献や活動にも取り組んでいる。

【デモセッション】
江島 周平
株式会社エルテス マーケティング担当部長
デジタルエージェンシーにおいて、多数の企業のサポートを行った後、2020年に同社へ入社。エルテスのサービス開発、マーティングに広く携わる。

川下 巧
株式会社エルテス データインテリジェンス部 リスクインテリジェンスグループマネジャー
経済産業省認定資格 情報セキュリティスペシャリスト保有(現情報処理安全確保支援士)。
内部脅威検知サービスの立ち上げ当初より参画し、多数の企業に対して当該サービスにより内部不正のリスクマネジメントを支援。

■株式会社エルテスについて
リスクに特化したビッグデータ解析を強みに、ソーシャルリスクを中心としたデジタルリスクを検知・解決するソリューションを提供しております。デジタルリスクとは、インターネット上での炎上・情報漏洩・従業員による内部不正・産業スパイ等、企業の競争力にも影響を与える重大なリスクを指し、当社ではそのデジタルリスクを分析する事で、企業が抱える課題を解決するサービスを400社以上に提供しています。

[会社概要]
社名     :株式会社エルテス
代表者    :代表取締役 菅原 貴弘
所在地    :東京都千代田区霞が関3-2-5
創業     :2004年4月28日
資本金    :7億6,997万円(2020年2月末日時点)
URL     :https://eltes.co.jp/
事業内容   :リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エルテス >
  3. 小説家 平野啓一郎氏、前IT科学技術担当大臣 平井卓也氏登壇 今後の社会やビジネスへのデジタルリスクについて様々な分野の識者が議論 デジタルリスクフォーラム2020年8月31日(月)開催