ヤマハ(株)様にグローバル顧客IDの統合管理・活用基盤としてSAP® Customer Data Cloud from GIGYAを導入

~各国法規制への対応と地域特有のソーシャルログイン対応~

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江、以下 NTTコム オンライン)は、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田卓也、以下 ヤマハ)のグローバルで展開、今後強化していくグローバル顧客IDの統合管理・活用の基盤として、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントプラットフォーム”SAP® Customer Data Cloud form GIGYA”を導入しました。
1.背景
 ヤマハは自社製品・サービスの利用者の利便性向上のために、オンライン顧客IDをグローバルで発行、運用してきましたが、下記の課題に直面していました。

(ヤマハの課題)
・変化し続ける個人データ管理に関する各国法規制への対応
 2018年5月に施行されたGDPR(EU一般データ保護規則)をはじめとした今後も更新が想定される各国の法規制に、継続的に対応していくこと
・グローバル・ソーシャルログインの導入
 会員登録やアクティブ率の増加のために、中国、ロシア、韓国、日本等、特有のSNSに対応したソーシャルログインを導入し、会員登録やログインの手間を最小化すること
・今後グローバルで推進するデジタルマーケティングの強化に、柔軟に対応できること

これらの課題を解決するプラットフォームとして、ヤマハは下記の観点からSAP Customer Data Cloud from GIGYAの導入を決定しました。

(選定理由)
・GDPRに準拠した同意管理機能、プロファイル管理機能
・個人データ保管場所規制のある国(EU、ロシア、中国)のデータセンタが選択可能
・グローバル30以上のSNS/IDプロバイダに対応したソーシャルログイン機能
・ETLやコネクタによって各種デジタル・マーケティング・ツールとの連携が容易に可能

 NTTコム オンラインは、SAP Customer Data Cloud from GIGYAの導入実績が最多であると同時に、今後ヤマハが推進するデジタルマーケティングの強化においても多数のシステム導入実績を持つことから今回この導入を支援するパートナーとして選定されました。

2.導入の内容
 ヤマハは、第一フェーズとして、オーストラリア、シンガポールなど14の国・地域の製品サイトの顧客IDをSAP Customer Data Cloud from GIGYAに移行しました。会員登録機能、各国向けのソーシャルログイン対応、各国法で要求されている同意の記録、及びセキュリティ対応等をSaaS化し、地域を横断した共通基盤として利用出来るようになりました。またデータ連係用のコネクタを利用して、今後は対応地域の拡大と、既存他サービスの顧客ID統合等、そして顧客の同意状況に即したCDPとのデータ連係を視野に入れ、最終的には様々なサービス間で顧客IDを統合し、グローバルで共通の顧客ID管理・活用基盤としていくことを予定しています。
 

図:全体像(将来構想を含む)図:全体像(将来構想を含む)


NTTコム オンライン「SAP Customer Data Cloud from GIGYA」の詳細:
https://www.nttcoms.com/service/GIGYA/

ヤマハ株式会社の詳細:
https://www.yamaha.com/ja/about/

3.ヤマハ株式会社からのコメント
 ヤマハではお客様の個人情報に対する権利と安全性に最大限配慮しつつ、一貫性のある顧客体験のための統合的なID管理の実現を目指し、顧客登録・認証基盤としてこの度、SAP Customer Data Cloud from GIGYAを導入いたしました。

導入にあたってはNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション様の豊富な導入実績に基づく、ご提案とご助言により、大きな手戻りが生じることもなく、システムの設計から導入まで約4か月という短期間で完了しました。
今後はSAP Customer Data Cloud from GIGYAを顧客統合基盤として活用していくべく、各種マーケティングツールの連携、既存顧客データベースの統合などの課題に、引き続きNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション様のご支援を賜りたいと考えています。

 ヤマハ株式会社 ブランド戦略本部 マーケティング統括部 UX戦略部 部長 砂子 素徳 氏

<SAP Customer Data Cloud from GIGYAについて>
 SAP Customer Data Cloud from GIGYAは、オムニチャネルの時代に複雑化した顧客IDや複数のデータベース、PCやスマホアプリなどのマルチデバイスからの顧客情報を統合・一元管理し有効性を高め、データ連携やアップデートメニューにより常にアップデートされた状態に保ち、マーケティング活動のための『アクショナブルデータ』を生成します。
 また、信頼性と柔軟性を両立させたクラウド型により開発投資への費用・期間を効率化に貢献し、企業のマーケティングROIを効率化するプラットフォームサービスを提供します。

<NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションについて>
  NTTコム オンラインは、企業のデジタルマーケティング、及びデジタルトランスフォーメーションを支援するソリューション・パートナーです。
 データ解析力とテクノロジーを強みに、デジタルマーケティングの分野では、顧客データの統合・管理、マーケティングオートメーション、B2Bマーケティング、顧客ロイヤルティマネジメント、そしてメッセージングサービスなどを、その導入から運用伴走までトータルにご支援します。
 また、企業のデータ課題に応え、デジタルトランスフォーメーションをご支援するために、「あらゆるデータをリアルタイムに連携、統合、解析」するソフトウェアとして、グローバルに高い実績を持つTIBCO社のデータ解析・統合プロダクトを日本総代理店としてご提供しています。

 名 称: NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
 所在地: 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5番1号 大崎センタービル
 代表者: 代表取締役社長 塚本 良江
 URL : https://www.nttcoms.com/

*「SAP Customer Data Cloud from GIGYA」はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【お問い合わせ先】
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
三竹(みたけ)、屋代(やしろ)
URL: https://www.nttcoms.com/service/GIGYA/
メールアドレス:gigya_ask@nttcoms.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション >
  3. ヤマハ(株)様にグローバル顧客IDの統合管理・活用基盤としてSAP® Customer Data Cloud from GIGYAを導入