2 月 5 日(土)シャイニングアークス東京ベイ浦安 vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ「丸の内 15 丁目+deleteC マッチ」開催

~ラグビーを通じて、カジュアルなソーシャルアクションを︕みんなの力で、がん治療研究を応援︕~

NTT コミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安(以下、シャイニングアークス東京ベイ浦安)は、三菱地所
株式会社(以下、三菱地所)と特定非営利活動法人deleteC(以下、deleteC)の協力のもと、2022 年 2 月
5 日(土)に開催予定の NTT ジャパンラグビーリーグワン 2022 第 5 節埼玉パナソニックワイルドナイツ戦を、がん治療
研究を応援するチャリティーマッチ「丸の内 15 丁目+deleteC マッチ」として開催します。
シャイニングアークス東京ベイ浦安は 2019 年に“みんなの力で、がんを治せる病気にする”プロジェクト「deleteC」に参画し、スポーツ界初のタイアップとしてピンク色のトレーニングジャージー等の制作や、試合会場での募金箱の設置、次世代観戦アプリ「SpoLive」を活用したがん治療研究応援など、deleteC 認知促進のための発信活動を行ってきました。

また、三菱地所が運営する「丸の内 15 丁目 PROJECT.」では昨年、ラグビー選手が起点となり、様々な社会課題につ いて、ファンと共に学び、アクションを生み出す「DAEN UNIV.(楕縁大学)」を、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬 俊朗さんを学長として開校。初回の 9 月 20 日は、deleteC と連携し、「みんなの力で、がんを治せる病気に」をテーマ にカジュアルに参加できるソーシャルアクションについて学びました。当日は、シャイニングアークス東京ベイ浦安/内山 GM も登壇しました。「がん」という難しいテーマにも関わらず、参加者から様々なアイデアや感想が寄せられ、それらの中から 廣瀬さんが注目したアイデアの一つがきっかけとなり、今回のチャリティーマッチが実現することになりました。

毎年 2 月 4 日のワールドキャンサーデー(世界対がんデー)は、世界中で人々ががんのために一緒にできることを考え、 行動(アクション)を起こす日です。本試合では、①両チームの得点×1 万円ががん治療研究への寄付につながる取り 組みを行うほか、②「SpoLive」での投げ銭チャリティなどのソーシャルアクションを啓発し、がん治療研究を後押しします。

シャイニングアークス東京ベイ浦安、三菱地所、deleteC は、ラグビーのコアファン・にわかファンの垣根を超え、みんながカ ジュアルにソーシャルアクションできる場作りや仕組み作りを共創し、ラグビーの力を社会の力に変えていきます。

 


■本試合のソーシャルアクション
①両チームの得点が寄付に︕
試合で両チームが挙げたトライやキックの得点×1 万円が deleteC を通じてがん治療研究へ寄付されます。一人ひとり の応援がトライやキックの得点につながり、それががん治療研究の支援になります。みんなで両チーム選手を応援しましょう。

②スポーツ観戦アプリ「SpoLive」から応援︕
スポーツ応援観戦アプリ「SpoLive」にて、本試合の”スーパー応援(投げ銭)”にて集まった金額の一部が、deleteC を通じてがん治療研究へ寄付されます。 また、スーパー応援のスタンプ購入特典として、両チームの出場全選手のサイン入り試合球や丸の内 15 丁目グッズ詰め 合わせなど豪華景品が当たる抽選も実施いたします。
SpoLive︓https://spo.live/

▲A 賞︓両チームの出場全選手  のサイン入り試合球▲A 賞︓両チームの出場全選手 のサイン入り試合球

▲B 賞︓丸の内 15 丁目グッズ詰め合わせ▲B 賞︓丸の内 15 丁目グッズ詰め合わせ













■寄付先
deleteC では、2 名のがん治療研究者と READYFOR とタッグを組み、がん治療研究を応援するクラウドファンディングを 2022 年 1 月 30 日から 2 月 28 日まで実施します。本試合で集まった寄付金については、このクラウドファンディングに 活用します。1 月 30 日 16:00 より開催するオンラインイベント「deleteC 2022 -HOPE-」にクラウドファンディングに挑 戦する研究者 2 名が登壇し、詳細を発表します。
・イベント概要(オンラインイベント後にクラウドファンディング情報も掲載)
https://www.delete-c.com/oshiken
・オンラインイベント参加 URL︓https://youtu.be/nP5UIp1k8-k

■本マッチ概要
日 時︓2022 年 2月5日(土)14:30 キックオフ
会 場︓秩父宮ラグビー場
   〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35
主 催︓公益財団法人日本ラグビーフットボール協会、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン
主 管︓NTT コミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安
協 力︓三菱地所株式会社、特定非営利活動法人deleteC

■(参考)
【丸の内 15 丁目 PROJECT.について】


「丸の内15丁目PROJECT.」とは、ラグビーの多様な魅力に着目し、アート、ビジネス、映画等の様々 な切り口から、今までにない新たなラグビーの魅力を発信するプロジェクトです。本プロジェクトでは大人 から子供まで幅広い方にラグビーを知り、好きになるきっかけとして様々なコンテンツを展開しています。 丸の内 15 丁目サイトでは、本試合の連動施策として、2 月 4 日~2 月 13 日に、15 丁目住民向 けの特別企画を実施予定です。参加いただいた方には、シャイニングアークス東京ベイ浦安×丸の内 15 丁目のオリジナル壁紙をプレゼント予定です。詳しくは丸の内 15 丁目サイトをご覧下さい。
丸の内 15 丁目 HP︓https://marunouchi15.com/

【deleteC について】


deleteC は、個人、企業、組織などの立場を越え、がんを治せる病気にしたいという想いを自 由に意思表示することで、誰もががん治療研究を応援できる仕組みをつくり、がん治療研究へ の寄付と啓発を通じて、1日でも早く「がんを治せる病気にする日」を手繰り寄せることに貢献し ます。具体的には、プロジェクトに参加する企業・団体・自治体・個人が自身のブランドロゴや商 品、またはサービス名から Cancer の頭文字である「C」の文字を消したり、deleteC のロゴやコ ンセプトカラーを使うなどし、オリジナル商品・サービスを制作・販売・提供します。購入金額の一 部は deleteC を通じて、医師・研究者が推進するがん治療研究に寄付します。寄付先となるがん治療研究については、 公募を実施し、がん臨床試験の専門的知見を有する医師をはじめ、多様な視点を持つメンバーで選考委員会を構成 し、厳正なる審査のもと、決定します。寄付先は 1 月 30 日に実施するオンラインイベント「deleteC 2022 -HOPE-」 (QR コードよりご覧いただけます)にて発表いたします。
https://www.delete-c.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱地所株式会社 >
  3. 2 月 5 日(土)シャイニングアークス東京ベイ浦安 vs 埼玉パナソニックワイルドナイツ「丸の内 15 丁目+deleteC マッチ」開催