47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 三重の味 『ポテトチップス あおさの味噌汁味』2019年3月4日(月)発売!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、三重県が生産量日本一である「青さのり」を使った『ポテトチップス あおさの味噌汁味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、三重・富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知(7県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)。


【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、地元の味を再現したポテトチップスを2017年度に発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。
2018年度の第3弾となる三重の味『ポテトチップス あおさの味噌汁味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、三重県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、「松坂牛味」や「伊勢海老味」などのアイデアも出ましたが、ポテトチップスとの相性も考え、県が生産量日本一である「青さのり」を100%使用した「あおさの味噌汁味」に決定しました。三重県民が愛する味わいを再現し、みんなで楽しめるポテトチップスに仕上げました。

 

 


 

【商品特長】
三重県では、天然の「青さのり」が採れ、昔から食べられてきました。1950年代頃から「青さのり」の養殖が盛んになり、その生産量は日本一を誇っています。伊勢志摩サミットで提供する食材として採用されるなど、香りの良さや調理の手軽さなどから、近年は佃煮以外にも、姿売りの商品やお菓子、インスタントみそ汁といった加工品など、需要が拡大しております。
本商品は、磯の香りが楽しめる「青さのり」がたっぷり入った、味噌汁味のポテトチップスです。

【パッケージ特長】
「青さのり」の養殖をイメージした背景に、「青さのり」がたっぷり入った味噌汁の写真を中央に配置しています。裏面では、県が「青さのり」の生産量日本一であることや伊勢志摩国立公園の紹介をしています。
パッケージに掲載されているキャラクターは、志摩市のマスコット「あおさ~」です。

【開発者からのコメント】
赤味噌の味噌汁をイメージして味作りを行いました。味噌ではなく、味噌汁を再現することがとても難しかったです。旨味や甘味を調整することで、味噌汁の味を再現しました。さらに、三重県産を100%使用している「青さのり」をしっかり味わえるように、何度もバランス調整を行いました。
ポテトチップスでは珍しい味噌汁味となっております。三重県産の「青さのり」の薫り高い味わいと共に楽しんで頂きたく思います。
 

 

 

2月18日、三重県庁にて知事表敬を行いました2月18日、三重県庁にて知事表敬を行いました

【商品概要】
商品名:ポテトチップス あおさの味噌汁味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330536534
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月3月4日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:三重・富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知
直営店・アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢、
               千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 三重の味 『ポテトチップス あおさの味噌汁味』2019年3月4日(月)発売!