プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社qutori
会社概要

実験と共創により生まれるアートイベント『ЯeSpiration』が12月16・17日に表参道AQ spaceにて開催

身体表現、映像、写真、立体などの多様な作品が混在する実験的な空間で生まれるアーティストと鑑賞者のオープンな関係性

株式会社qutori

ブランドやクリエイターの成長を支援する株式会社qutori(CEO:加藤 翼、本社:東京都渋谷区、以下:qutori)は、ドイツ・ベルリンを拠点に活動するパフォーミング・アーティスト / 振付家の菅原圭輔と共に企画するアートイベント『ЯeSpiration』が、2023年12月16(土)・12月17(日)に表参道・AQspaceにて開催します。

実験と共創により生まれるアート空間


本展は都心での開催を通じて、”生のアート鑑賞体験” の創出を目指します。近年、様式の多様化と間口の広がりが進む反面、五感を超えて感じ得る生のアート体験の割合は相対的に減少しているように思います。だからこそ、当日の会場はさまざまな表現がせめぎ合い、身体感覚を持って没入できる状況を、実験的なプログラムを編成しています。


比較的敷居が高いと考えられるアート表現への接続について融和的なアプローチを取るべく、< ボーダーレス > を中核に据え、映像、写真、立体といった多様な媒体が混在する実験的な空間で、アーティストと鑑賞者に生まれるオープンな関係性を構築します。


また本企画のテーマである< ЯeSpiration > は、近年様々なカタストロフにより芸術作品にも明確な動機を求められたり、社会性が必要とされる局面から生まれました。アーティストがどのような選択をして社会の中でサバイブしていくのか、といった問いから Re[再び] と Spriration[呼吸] を組み合わせたメインコンセプト < ЯeSpiration > が構想されています。参加アーティストはそれらの問いに対して異なる視点から解釈を行い、幅広い表現で鑑賞者にプレゼンテーションを行います。


https://artsticker.page.link/Respiration



視覚芸術作品の展示

(写真・映像・インスタレーション)

表参道で開催される本展示では、監修アーティストとプログラムディレクターが選定した6人のアーティストによる作品展示を行います。さらに、小さなカフェスペースも併設し、作品鑑賞の余白を齎します。


ボーダーレスに生じるパフォーミングアーツ

音楽、身体表現を一度に愉しむ

予測不能なスポットで幕を開けるステージ。インスタレーション×パフォーマンスなど、多様かつ実験的な局面が続きます。2時間に及ぶパフォーマンスが終わった後も、ステージに残る余情を愉しむための場を設けます(アルコール販売有)


(展示イメージ(一部)となります。展示作品についても変更の可能性があります。)



■開催概要

イベント名:『ЯeSpiration』

◯日程:2023年12月16日(土)・12月17日(日)

◯会場:AQspace 表参道

○住所:〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6-19 バイナリー・北青山 2F


◯イベント時間

・12月16日(土)

Exhibition 13:00 - 17:30(最終入場17:00)

Performance 20:00 - 22:30(開場19:45)


12月17日(日)

Exhibition 12:00 - 16:30(最終入場16:00)

Performance 18:00 - 20:30(開場17:45)


○チケット(学生料金)

・Exhibition : 通常1,500円(1,300円)/ 前売り:1,400円(1,200円)

・Performance : 2,500円(2,300円)
・1日通し券: 3,500円


https://artsticker.page.link/Respiration


■招聘アーティスト


【Exhibition】


・Keisuke Sugawara 

東京生まれ、ベルリン在住の身体表現者兼振付家。アラスカで舞台芸術を学び、2011年よりダンサーとして活動を開始。2017年よりドイツに活動拠点を移す。以降振付家として、ドイツ・デンマーク間で勢力的な創作活動を行う。 2019年第6回エルビル国際演劇際(イラク)へ招致され、『虚無の人。灯りを持つ人。(邦題)』を公演する。2021年Fonds Darstellende Künste(ドイツ連邦政府文化振興基金)の助成対象アーティストに選出され、研究プロジェクト『Partitur』を発足。同年EU・ジャパンフェスト日本委員会及び、 デンマーク王国大使館協力の下『空谷の跫音』を東京で発表。2023年Japonijos dienos Kaune WA(リトアニア)のゲスト・アーティストに選出され、フェスティバル招致作品として『(un)gehört』を発表。2024年欧州文化首都#Tartu2024(エストニア)の公式プログラムに選出され、横尾ルッタス紫苑とのコラボレーション作品『Peal kiri peal』を現地で発表予定。mellem to 主宰。

https://www.keisuke-sugawara.com


・井口 雄介

1985年カナダ生まれ 2008年武蔵野美術大学建築学科卒業 2010年同大学大学院彫刻コース修了 2013年同大学大学院博士後期課程修了 博士(造形) 2023年 富山県入善町発電所美術館個展 「ANEMOI」 2023年福井県 金津創作の森美術館個展アートドキュメント2023「Site-Sight-Scape」 2022年六本木アートナイト2022 「KALEIDO-SCAPE」 2019年 松戸アートピクニック2019 招待作家 2018年 ふなばしアンデルセン公園こども美術館個展「Hello New World~いつもの世界を新しく」 2017年 六甲ミーツアート2017 招待作家 「六甲富士」 2016年 おおさかカンヴァス選出展示 「KALEIDO-SCAPE」 2016年 グランシップアートコンペ グランシップ賞 2009年 岡本太郎現代芸術賞入選 (以後2013,2017,2019年の計4回)

http://www.yusukeiguchi.com/


・cagome

海と山に囲まれた丘で生まれ育つ 現在は京都在住 2022年 京都芸術大学情報デザイン学科卒業 卒業制作では、カミングアウトをテーマにした「クローゼットから出てきた私たちと、その目撃者」を発表 2022年 広告代理店のグラフィックデザイナーとして入社 2023年 展示 「灯台を聴く」京都

https://www.instagram.com/v_uokko/


・ninanomura

2023     A room / Gallery TK2 Solo              Heartbeat / Issuing Gallery, Shenzhen, China              RO Plastic Prize 2023 Finalists Exhibition / Rossana Orlandi Master Gallery, Milano, Italy              Immortal Garden /   iwao gallery Solo              ART NAGOYA 2023 / Jill d'art Gallery       Now You Know! vol.2 /  Whimsy Works, Taipei, Taiwan 2022    Figgy Pudding / Jill d'art Gallery       Shibuya Art Awards 2023 selected       Designart Tokyo  2022 / Hibiya Okuroji U30 Prize Solo       A D D / Katsuya Susuki Gallery       SICF22 Winners Exhibition / Aoyama Spiral              Life with Art / Art Room Kikakusitsu              Nina Nomura Exhibition  / Rise Gallery Solo 2021 SICF22  / Aoyama Spiral  MIKIKO Prize      https://www.instagram.com/_ninanomura/?hl=ja


・nomomi

 < Awards > 2019 工芸都市高岡クラフトコンペティション2019 グランプリ受賞 < Exhibition & Popup > 2019 "Anything / Anywhere"( Thailand ) 2019 Marzee International Graduate Show( Netherland ) 2019 Solo Exhibition "冬霞‒ Fuyugasumi -" 2020 Will - それぞれの情景 - 2021 "Beauty and Wonder" ( Spain / Swiss / Portugal ) 2021 New Jewelry TOKYO 2021 2022 "Devotional Jewellery" ( Italy / Spain ) 2022 CLUSTER CONTEMPORARY JEWELLERY FAIR( UK ) 2022 "Pendant" ( Japan / Germany / Poland ) 2023 "Missing Memories" ( France / Germany / Spain ) 2023 第6回 装身具展 2023 Tincal lab Challenge 2023- Jewelry and Travel - ( Portugal )

https://www.instagram.com/misakinomoto.jp/?hl=ja


・Max Levy

Max Masahiro Levyは、ドイツ・フランクフルトを拠点とするムーブメント・アーティスト。ダンス、振付、サウンドデザイン、テクノロジーを織り混ぜた多ジャンルにわたるコラボレーションを行う。サンフランシスコ・バレエ団で学んだのち、アメリカン・レパートリー・バレエ団とシャーロット・バレエ団でバレエダンサーとしてのキャリアをスタートさせ、ニュルンベルク州立劇場で何シーズンにもわたりコンテンポラリー・ソリストを務める。振付および作曲を手掛けた作品は、Künstlerhaus Mousonturm、saasfee*pavillon、Roxy Ulm、Eisfabrik Hannover、ニュルンベルク州立劇場、PAFBerlin、Freier Tanz-im-Delta Festival、Gdansk Dance Festivalの協力のもと公演されたほか、第32回ハノーファー国際振付コンクール、ロッテルダム国際デュエット振付コンクール2019ではファイナリストに選出された。STL Tallinn(MODINA Networkメンバーとして)、Künstlerhaus Mousonturm、ダルムシュタット州立劇場、Tanzplattform Rhein-Main、ChoreoLab Ulmのレジデント・アーティスト。直近ではChoreographic Coding Lab Köln 2023に参加。映像作品はTANZAHOi Hamburg、Moovy Festival、Future Dance Festival、Rollout Macao Film Festival、Gießener Auftritteで上映された。現在は、国際的なアーティストとして活動を続け、振付に加え、作品に関連した音楽やビジュアル・アートを制作している。

https://www.instagram.com/maxmlevy/?hl=ja


【Performance】

・DANCE PJ REVO

 (出演者:榎本結衣、椛島一、菊永沙紀、坂口友紀恵、山本耀、田村興一郎)

田村興一郎(企画・振付・演出・構成・宣伝美術)によるプロデュース公演カンパニー。 固定メンバーを構えず、枠組みのない常識外れで自由なダンスチームの取り組みを目指している。主に”田村の止まらない創造力を吐き出すための場所”として機能している。作品制作以外にも一般公募企画の「誰でも振付家になれるワークショップ身体美術館」など独自に発案した事業を展開。モットーは『限りある空間に限りない地平線を描くことで起こす革命』。

https://www.instagram.com/dance_pj_revo/?hl=ja


・the Wisely Brothers

(真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉 (Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho))

真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉 (Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho)からなるスリーピースバンド。2022年11月に5公演のUK ツアー「THINK WISELY」を敢行。オルタナティブかつナチュラルなサウンドを基調とし、その場の空気を取りこんだ即興なども交えた実験的なライブスタイルにも挑戦している。

https://www.instagram.com/wiselybrothers/?hl=ja


・Keisuke Sugawara

 (出演者:清水祐紀凪、波潟希美、山岸詩音、なかじまゆり)

我々が日常で便宜上、カテゴライズしている感情(その中でも特に怒りの感情)について着目し、その認識の在り方を探ります。個々の経験や見解を基に異なる視点から、感情の多面性についてリサーチし、社会の中では現れづらい人の内面を身体を用いて視覚化します。


・Ikumi Otsuka

日本大学芸術学部演劇学科洋舞コースを卒業。 卒業後、赤い絨毯を使った『It isn't a story about war.』が「ダンスがみたい!新人シリーズ15」にて〈オーディエンス賞〉を受賞。 国際交流基金の企画で『謝歌』をベトナムで上演するなど独自の身体性を活かしたソロ作品の創作にも力を入れる。 また「ダンスがみたい!20病める舞姫を上演する。」の企画で発表した作品が 「HOTPOT東アジア・ダンスプラットフォーム」に推薦されるなど活動の幅を広げている。 現在は梅田宏明のもとで動きのメソッドであるKinetic Force Methodを学びながらリサーチメンバーとして活動中。

https://www.instagram.com/sheepmanis/


【Drink】

・ beans farm

東京 町田市に店を構えるカフェ。自家焙煎珈琲と焼き菓子などスイーツを提供しています。

https://www.instagram.com/beansfarm_machida/


■運営会社 株式会社qutori

代表者:加藤翼
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-14-4
設立:2018年7月
URL:https://qutori.jp/
事業内容:コミュニティとポップアップ関連したコンサルティング及びクリエイティブ事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
アート・カルチャー
位置情報
東京都港区イベント会場
関連リンク
https://artsticker.page.link/Respiration
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

株式会社qutoriのプレスキットを見る

会社概要

株式会社qutori

15フォロワー

RSS
URL
https://qutori.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区南麻布4-12-7
電話番号
-
代表者名
加藤翼
上場
未上場
資本金
100万円
設立
2018年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード