マニュライフ生命、赤い羽根福祉基金を通じた「子どもの療養環境向上サポート助成」の助成先公募をスタ―ト

・2020年度の助成事業の助成先の公募を、2019年12月20日(金)まで実施

マニュライフ生命保険株式会社(取締役代表執行役社長兼CEO:吉住公一郎、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)は、この度、社会福祉法人中央共同募金会が運営する赤い羽根福祉基金を通じて、病気や障がいのある子どもの療養環境向上活動を応援する、「赤い羽根福祉基金『マニュライフ生命 子どもの療養環境向上サポート助成』」を2020年度より開始するにあたり、2020年度助成事業の公募を、2019年12月20日(金)まで実施します。
「病気や障がいのある子どもたちの療養環境向上」に係る以下の6つのテーマに沿った内容の事業が助成の対象となります。

①     病院内のプレイルーム設置・運営
②     地域の遊び場・居場所の設置・運営
③     子どものホスピスの設置・運営
④     おもちゃや本など備品の整備
⑤     子どもの療養環境向上のための調査・研究事業
⑥     その他、子どもの療養環境向上のために必要と認められる事業

マニュライフ生命では、2005年より社会貢献活動の一環として、子どもの療養環境向上に取り組んでおり、これまでに、全国16ヵ所の小児医療関連施設に療養中の子どものためのプレイルーム「マニュライフわくわくるーむ」を設置しています。その他にも、病院内の子ども向けのおもちゃ・書籍等備品の整備の支援を継続して行ってきました。2015 年にはこれらの活動の成果が認められ、「こども環境学会賞活動奨励賞」を受賞しています。この賞は、子どものためのよりよい環境づくりを目指す学術団体である公益社団法人「こども環境学会」によって2005 年に創設され、子ども環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績などを表彰するものです。

マニュライフ生命は、多様化する社会において、皆さまがより良い人生を送るためのお手伝いをします。今後も子どもの療養環境の向上へ向けた活動に積極的に取り組んでまいります。

応募に関する詳細は、別紙をご参照ください。

国立国際医療研究センター病院(東京都)の「マニュライフわくわくるーむ」国立国際医療研究センター病院(東京都)の「マニュライフわくわくるーむ」

中央共同募金会について
社会福祉法人中央共同募金会は、全国47都道府県共同募金会の連合体で赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。災害時支援にも大きな役割を果たしています。また、全国的な視野により活用される寄付金や2以上の都道府県で活用される寄付金の受け入れ及び調整や民間助成資金・公益信託などの取り扱いを通して民間福祉事業の推進に大きな役割を果たしています。
中央共同募金会では、上記事業運営のための寄付金を随時募集しています。また、遺贈による寄付金も受け付けています。

マニュライフ生命について
マニュライフ生命は、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業で、2019年、設立20周年を迎えました。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。詳細はホームページ(www.manulife.co.jp)をご覧ください。自分らしい、これからの生き方「Life 2.0」を応援するウェブサイト「Life 2.0ガイド」(https://life2.0guide.jp/)や各種公式SNSページ:Facebook、Twitter (@ManulifeJapan) 、Instagram (@manulifejapan) で情報発信しています。

<別紙>
赤い羽根福祉基金『マニュライフ生命 子どもの療養環境向上サポート助成』の応募について

■応募概要
1.     内容
この助成事業は、マニュライフ生命保険株式会社による寄付金を原資として、病気や障がいのある子どもたちの療養環境向上活動を応援するものです。

法人格を持ち、非営利事業を目的とする団体で、所定の要件を満たす団体が対象となります。

助成の対象となる事業は、“病気や障がいのある子どもたちの療養環境向上”に係る以下の①~⑥いずれかのテーマに沿った内容であることが求められます。複数テーマの組み合わせも可能です。

①病院内に療養中の子どもたちのプレイルームを設置または運営する事業
②地域に病気や障がいのある子どもたちの遊び場・居場所を設置または運営する事業
③子どもたちのホスピスを設置または運営する事業
④子どもの療養環境向上のためのおもちゃや本など備品を整備する事業
⑤子どもの療養環境向上のための調査・研究事業
⑥その他、子どもの療養環境向上のために必要と認められる事業

2.     助成金額
1事業あたりの年間助成額の上限:1,000万円(1千万円)

3.     応募期間
2019年10月7日(月)から2019年12月20日(金)まで(中央共同募金会必着)

4.     応募方法
赤い羽根共同募金のサイト(https://www.akaihane.or.jp/csr/manulife-kodomo/)より、「応募要項」と「応募書」①②をダウンロードいただき、他の必須書類と共に、所定の方法(Eメール等)によりご提出ください。※応募要項をよく読んでご応募ください。

5.     送付先
(1)      E メール
m-kodomo@c.akaihane.or.jp

(2)      郵送(12月20日必着)
※応募書①②は E メールのみの受付ですのでご注意ください。

 〒100-0013
東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル 5 階
社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部
「子どもの療養環境向上サポート助成」宛

■応募に関するお問い合わせ先
中央共同募金会
Eメール:m-kodomo@c.akaihane.or.jp (件名に「問合せ」と記載してください)
電話 :03-3581-3846 (基金事業部 担当:青柳・熊谷)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マニュライフ生命保険株式会社 >
  3. マニュライフ生命、赤い羽根福祉基金を通じた「子どもの療養環境向上サポート助成」の助成先公募をスタ―ト