二酸化炭素の実質排出量ゼロへ!「2050年ゼロカーボンシティ」を宣言(千葉県佐倉市)

 千葉県佐倉市は、2021年8月18日(水)に地球温暖化による気候危機に対して、2050年までに二酸化炭素の実質排出量ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ宣言」をしました。
 地球規模の課題である「気候危機」に対して、市民・事業者・行政が一体となった「オール佐倉」で、省エネルギー等の環境配慮の取り組みを推進していきます。

宣言文をもつ西田三十五佐倉市長宣言文をもつ西田三十五佐倉市長

■宣言の経緯
近年、地球温暖化が原因とみられる気候変動の影響により、地球規模において、猛暑・豪雨・台風などによる甚大な気象災害が発生し、私たちの生命や暮らしが脅かされており、この「気候危機」への積極的な対策が不可欠となっています。

こうした状況を踏まえ、2015年に気候変動枠組条約第21回締約国会議で合意されたパリ協定では、「世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃未満とする」目標が国際的に共有されました。さらに2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では「気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素実質排出量をゼロにすることが必要」と示されています。
我が国においても、2020年10月の内閣総理大臣の所信表明で、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが表明されました。

佐倉市では、2020年3月に「第2次佐倉市環境基本計画」を策定し、2030年度に2013年度比で市内の二酸化炭素排出量を26%削減することを目標として、地球温暖化対策に取り組んでまいりました。こうした取り組みを市民・事業者・行政が一体となった「オール佐倉」でさらに推進していくために、2021年8月18日、2050年までに二酸化炭素の実質排出量ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ宣言」を行いました。

■ゼロカーボンシティとは
環境省が推進する取り組みで、2050 年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を公表した地方自治体をゼロカーボンシティとする。

【お問い合わせ】
佐倉市役所 環境部 生活環境課 自然環境班
TEL:043-484-6716
URL:http://www.city.sakura.lg.jp/0000029111.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐倉市 >
  3. 二酸化炭素の実質排出量ゼロへ!「2050年ゼロカーボンシティ」を宣言(千葉県佐倉市)