ホテルでお茶会!?お茶席形式でのアート鑑賞をhotel koe tokyoで開催

株式会社ストライプインターナショナルの「koe(コエ)」が展開する、ファッション・音楽・食・宿泊など多彩なコンテンツを提供するホテル併設型店舗「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)(以下ホテルコエ)」では、「DESIGNART TOKYO 2019」の開催に合わせ、10月19日(土)と10月20日(日)の2日間、 「DESIGNART TOKYO 2019 : Tea ceremony by artless+asahiyaki」 をホテル コエ3Fのプライベートラウンジにて開催いたします

約400年の歴史を持つ京都・宇治の窯元、朝日焼。その16代目となる松林豊斎氏と、ホテル コエのグラフィックデザインを手がける他、グローバルに活躍するブランディングエージェンシー artless Inc. を率いるアートディレクター川上シュン氏がコラボレーション。日本文化である「茶室」の要素を現代的に表現し話題となり、多くの訪日外国人訪れるホテルコエ。日本文化を国内のみならず海外に発信すべく本企画の開催が実現しました。

普段は宿泊者のみが利用いただけるプライベートラウンジで、アート鑑賞から煎茶+御茶菓子+御抹茶/薄茶というコースを特別にご提供いたします。松林豊斎氏本人がお茶を点で、自らの茶碗でお出しします。すべての会に作家2名が直接作品について解説を行いながら、お茶をお楽しみいただけます。

■ Tea ceremony by artless + asahiyaki開催概要
開催日:10月19日(土)・10月20日(日)
時間:12:00~ / 13:30~ / 15:00~ / 16:30~ 4部制  (各回60分)
人数:各回10名
実施場所:hotel koe tokyo 3F 「koe lounge」
内容:お茶会形式でのアート作品と茶器展示。
料金:3,000円(税抜)
予約ページ: https://www.tablecheck.com/ja/shops/hotelkoe-tokyo-privatelounge/reserve
 ※完全予約制となりますので、ご了承くださいませ。


朝日焼十六世 松林 豊斎(佑典)
四百年の歴史を持つ朝日焼の十五世窯元松林豊斎(まつばやし ほうさい)の長男として生まれる。父の指導の下、陶芸の技術を学び、二十五歳より陶芸作家としての活動を始める。主に、茶道具を中心に制作を行い、日本各地での個展〈展示会〉の開催。海外での作品の発表も行う。また、日本のお茶の文化を海外の人に知ってもらうための活動も積極的に行っている。伝統的な朝日焼の技術をベースに、古くからの茶道の美意識と、現代的な感性の調和を目指して制作を行っている。また、自身の作家活動とは別に朝日焼の工房としての新たな取り組みも行い、伝統工芸を世界に発信するプロジェクトGO ONに参加。デザイナーとのコラボや、新しい茶器の制作などを行っている。

川上 シュン
アートディレクター/アーティスト
ブランディング・エージェンシー artless Inc. 代表。東京と京都を拠点に、アート/デザイン/ビジネス、そして、グローバル/ローカル という 5 つの視点を軸に、グラフィックから建築空間まで、すべてのデザイン領域における包括的アートディレクションによるブランディングやコンサルティングを行っている。また、アーティストとしての活動も多岐に渡り、安土桃山時代を中心とする水墨画、障壁画、茶の湯、生花、盆栽、作庭、建築など、高度に洗練された「日本独自の美的理念」へ回帰しながらも、「デザインとアート」そして「西洋と東洋」を融合的に捉え、独自の視点と価値観でのグラフィック作品やインスタレーション作品の制作、発表を行っている。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ストライプインターナショナル >
  3. ホテルでお茶会!?お茶席形式でのアート鑑賞をhotel koe tokyoで開催