【台湾情報】逆境下での突破力 2021年工作機械産業売上高ランキング<ワイズ機械業界ジャーナル2022年8月第1週号発行>

〜台湾エネルギー・機械・自動車業界の最新動向を分析する〜

ワイズコンサルティング グループ(本社:中華民国台北市、代表取締役:吉本康志)は台湾機械業界専門誌「ワイズ機械業界ジャーナル」の2022年8月第1週号を発行しました。今週号では、エネルギー業界、航空宇宙業界、自動車用オイルシール世界最大手の全拓工業、機械設備業界の動向をご紹介します。

<最新号目次>
  • 台湾無停電電源装置製造業の概況と2022年の展望
  • 航空宇宙業界に追い風 大手メーカー各社が工場新設
  • 自動車用オイルシール世界最大手、全拓工業(ZENTAKU KOGYO COMPANY)
  • 逆境下での突破力 2021年の工作機械産業のまとめ及び売上高ランキング

<逆境下での突破力 2021年の工作機械産業のまとめ及び売上高ランキング>
 2021年の台湾工作機械産業は、米中貿易戦争や新型コロナウイルス感染症流行の影響を抜け、再び成長軌道に乗った。同年の工作機械産業生産額は1496億台湾元で、前年比3割近い成長を果たした。
 アフターコロナ時代に突入し、経済活動の活発化に伴う製造業の再開も下支えとなった。また各国でサプライチェーンのローカル化を行っており、生産設備の自動化、スマート化が求められている他、製造プロセスの短縮化も進んでいることから、末端の応用市場での工作機械需要が増加している。

台湾工作機械産業の輸出額、世界5位を維持
コロナ禍収束に伴うリベンジ需要に対応するため、応用産業向けの設備投資も回復傾向にある。2021年の工作機械輸出額は前年比29.1%増の27億8300元で、世界第五位だった

2021年の工作機械・部品メーカーの業績
上銀科技(ハイウィン・テクノロジーズ)

 工作機械部品売上高ナンバー1、上銀科技の昨年の連結売上高は前年比28.20%増の272億6500万台湾元で創業以来2番目の好業績となった。
 半導体や自動化などの産業需要が旺盛で、欧州、日本の好転、米国市場の回復、中国市場の堅調が貢献した。動力伝達部品の受注が満杯で、同社は今年、2桁成長で過去最高となる売上高300億元も視野に入る。

全球伝動(TBIモーション)
自動化設備、産業設備、半導体、電子、医療産業からの受注が貢献し、同社の21年連結売上高は前年比19.89%増の32億8500万元で過去最高を更新した。今年の業績も楽観視しており、成長可能と見ている。

東台精機(東台マシン&ツール)
東台精機は2021年、台湾工作機械メーカーとしては売上高ナンバー1だった。連結売上高は96億2600万元で前年比23.74%増となった。今年は工作機械だけでなく、産業ごとのトータルソリューション、カスタマイズ機にも注力し、周辺市場と新規顧客開拓を狙う。今年は2桁成長を狙い、再び売上高100億元台を回復したいとしている。

台中精機(ビクター・タイチュン・マシナリーワークス)
欧州市場の活発化による大量受注獲得、東南アジア市場の底打ち、中国市場の景気回復や台湾市場の力強い需要によって、21年売上高は前年比15.90%増の80億2000万元だった。2022年はアジアと欧州市場が牽引し、前年比10%以上の成長を予測している。(中略)


工作機械産業の景気と展望
 ここ数年、ネットゼロが時代の流れとなっており、企業は温室効果ガス削減が避けられない情勢となっており、温室効果ガス排出量ゼロ目標は工作機械産業にとって新たな商機となっている。
 カーボンニュートラル、省エネ、省空間、高効率といった顧客のスマート化生産ラインソリューションの実現や、スマート工場需要達成のための研究、製造、サービス、管理のデジタル化が必要だ。
 次世代の工作機械に新しい考え方を導入し、工作機械のインテグレートによる付加価値工場が必要だ。スマート製造は、IoT化、可視化、透明化、予測化、スマート化の5つのレイヤーに分けることができる。
 バリューチェーンと製造の垂直・水平統合、ネットワークサービス、メカトロニクス、自動化など全面的なソリューションが核心的価値になる。また、たゆまぬ研究開発と品質向上、製品の差別化、「神は細部に宿る」といったこだわりが必要だ。(つづく)
●その他台湾工作機械業界関連記事https://www.ys-consulting.com.tw/service/marketing/index.html

ワイズ機械業界ジャーナル

1. 台湾唯一のサービス
台湾で唯一機械業界に特化した日本語情報誌です。
2. 個々の分野の情報が満載
工作機械、機械設備、機械制御装置、手工具、動力工具、ねじ・ナット・リベット、ファスナー、金型、自動車、航空宇宙、自動化・ロボット、再生エネルギー等などの情報が満載です。
3. 多種多様な情報を提供
業界トレンド、企業動向、統計資料、法改正情報を全て網羅しています。
4. 読みやすい紙面
豊富な写真と図表、パソコンでの閲覧に配慮された横型の読みやすいPDF形式にて提供します。
5. 記事データベース検索
ホームページの記事データベースより、自由に過去記事の検索ができます。

●詳細
https://www.ys-consulting.com.tw/service/marketing/machine.html
●2週間無料試読のお申し込み
https://www.ys-consulting.com.tw/login/?buy=1&next=/service/marketing/machine.html&pop=1&frm=2

【会社概要】
会社名:ワイズコンサルティング グループ
所在地:中華民国台北市襄陽路9號8F 
代表者:吉本康志
設立:1996年11月
URL:https://www.ys-consulting.com.tw/
事業内容:
・経営コンサルティング(人事労務・マーケティング・経営戦略・情報セキュリティ)
・人材トレーニング(階層別研修・職種別研修)
・日本語台湾経済ニュース、機械業界ジャーナル配信
・市場調査・業界調査・顧客調査
・クラウドサービスの販売

【お客様からのお問い合わせ先】
ワイズリサーチ(威志総研)
TEL:+886-22381-9711(日本時間10:00〜19:00)
e-mail:research@ys-consulting.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 威志企管顧問股イ分有限公司(ワイズコンサルティンググループ) >
  3. 【台湾情報】逆境下での突破力 2021年工作機械産業売上高ランキング<ワイズ機械業界ジャーナル2022年8月第1週号発行>