STのSTarGRID(TM)電力線通信チップをスペインのスマート・メータ「STARプロジェクト」が採用

STのスマートメータ用SoCプラットフォームは、
様々な技術要件と世界中の規格に柔軟に対応
main image
世界の主要半導体メーカーの1社で、電力管理ソリューションの主要サプライヤ
であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しい電力線
通信(PLC)用システム・オン・チップ(SoC)であるSTarGRID(TM) ST7590が、
スペインの「STAR プロジェクト」における先端の自動メータ管理システム(AMM:
Automatic Meter Management)に採用されることを発表しました。

PRIME(PoweRline Intelligent Metering Evolution)規格に基づく「STAR
プロジェクト」は、IBERDOROLA社によるスマートメータの整備プログラムです。
同社は、2011年前半までに、PRIMEに準拠した約10万台のスマートメータを
スペインのカステリョン(Castellon)に最初に設置する予定です。スペイン
では、その後数年間で、1,000万台を超えるスマートメータが設置されると推測
されています。

STのSTarGRID ST7590を搭載したAMMシステムは、国際的な認証機関であるKEMAが
実施した全てのPRIME適合性認証試験に合格しています。

ST7590は、様々なスマートグリッド・アプリケーションの技術要件とプロトコル
規格に容易に適合し、柔軟性と拡張性の高い新しい電力線通信プラットフォーム
を提供するSTarGRIDファミリの最新製品です。さらに、このプラットフォームは、
汎用のスタンドアロンDSPに外付けのアナログ・フロントエンドICと電力線
通信用ドライバICを組み合わせた従来のソリューションより、消費電力と
システム・コストを極めて効果的に最適化します。

STのグループ・バイスプレジデント 兼 インダストリアル・パワー・
コンバージョン製品事業部 ジェネラル・マネージャであるPietro Mennitiは、
次の様にコメントしています。「スペインのSTARプロジェクトにおいて、
シリコン技術のプロバイダとして選定されたことは、この分野でSTが最先端の
ノウハウを持っていることの重要な証です。電力線通信技術における飛躍的な
進歩をもたらすSTarGRIDは、世界規模の主要なスマートメータ / スマート
グリッド規格に準拠した柔軟なSoCプラットフォームを提供します。STarGRIDの
高い集積度と柔軟性が、製品設計を簡略化し、回路全体のコストを大幅に低減
します。」

STarGRID ST7590の技術情報
STの高度なBCD8プロセスで開発されたSTarGRIDは、様々な変調方式と物理層
サービス管理に最適化されたDSPエンジン、システム監視およびプロトコル・
スタック管理用の産業用8bitデジタル・マイクロコントローラ・コア、送受信用
アナログ・フロントエンド、ならびに設定可能な内蔵フィルタを集積したパワー・
アンプを搭載することで、極めて低いインピーダンスの負荷を駆動できる1A
(RMS)超の大電流を実現します。

また、128bit AESデータ暗号化管理専用のハードウェア・アクセラレータ、
信号対雑音比とライン・インピーダンスの測定値に基づくチャネル品質評価機能、
その他の重要な機能など、特定の機能を集積するオプションにより、システム
性能を向上させ、機能を拡張します。一方、完全なアナログ・フロントエンドと
直線性の高いパワー・アンプ・ブロックを集積することで、システムの部品
コストの低減と顧客における開発を簡略化できます。

高性能なST7590は、最大通信速度128kbpsの極めて堅牢なOFDM変調を利用し、
PRIMEプロトコル標準仕様に完全に準拠しています。STarGRIDプラットフォーム
には、n-PSK変調方式で28.8kbpsまでの革新的なデュアル・チャネル通信を行う
ST758xファミリも含まれ、ENELグループがスペインにおける最近のENDESA
マルチミリオン・メータリング・プロジェクトに採用した「Meters & More」
仕様など、様々なプロトコルの実装に適しています。

STarGRIDプラットフォームには2.4KbpsまでのS-FSK変調を行うST7570も含まれ、
IEC 61334-5-1に準拠する完全なターンキー・プロトコル・スタックを新しい
高度な通信機能と共に集積し、標準的な自動検針サービスやその他の指令および
制御アプリケーションに対応します。アプリケーションの例としては、街路照明
制御や、極めてコスト効率に優れた設置と統合された標準プロトコルへの準拠が
必要とされるサブメータ・システムがあります。

全てのSTarGRID製品は、小型のQFN48パッケージ(7x7mm)に実装され、ピン
互換性を持っているため、顧客における開発が簡略化されます。特に、
各アプリケーションに対して高度に最適化および特化したソリューションを
大幅に変更することなく、複数のアプリケーションと規格に対応する必要がある
場合に有効です。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
http://www.st-japan.co.jp/data/press/p2412d.html

KEMAについて
1927年に設立されたKEMA社は、ビジネス・技術コンサルタント業務、運用
サポート、測定・検査、テスト・認証など、高品質なサービスをエネルギー業界
に提供する独立した主要プロバイダであり、ナレッジ・リーダーです。KEMA社は、
公正な助言ならびにサポートをエネルギー生産業者、供給業者、およびエンド・
ユーザの他、政府機関に提供します。さらに、広範囲にわたる顧客のために、
製品、システム、および個人の認証を行います。KEMA社は、スマートメータ
およびスマートグリッド導入に伴う試験に関する主要機関です。スペインでは、
PRIMEをテストするための最先端施設を含む、広範なエネルギー・コンサルタン
ト業務サービスを提供しています。KEMA社の詳細については、
http://www.kema.comをご覧ください。

PRIMEについて
PRIME(PoweRline Intelligent Metering Evolution)は、将来の市場要求を
サポートし、電力会社の投資が将来的に有効であることを保証するための、最新
技術に基づいた物理層およびメディア・アクセス(MAC)層規格の定義です。
PRIMEは、最終的に全ての関連組織(電力会社、業界、顧客など)がこの
アプローチからメリットを得られるよう、異なるベンダの機器間の相互運用性を
目指し、新たな市場の成長を推進する方法としてオープンなアプローチをとって
います。PRIMEは、CENELEC-A帯域でのOFDM多重化に基づいています。PRIMEの
詳細については、http://www.prime-alliance.orgをご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2009年の売上は
85.1億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:http://www.st-japan.co.jp
STグループ(英語):http://www.st.com

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. STのSTarGRID(TM)電力線通信チップをスペインのスマート・メータ「STARプロジェクト」が採用