工場現場の設備の状態監視を容易に実現、AIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」の販売を開始

予知保全に必要な機能を一つに集約化

東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は工場設備の状態監視を容易に実現するAIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」を開発し、2020年6月16日から販売を開始します。(https://www.inrevium.com/product/cx-d/

 

CX-DCX-D


■CX-Dについて
近年、製造業の現場では、品質改善、メンテナンスの効率化、稼働率向上のため設備の状態監視にAIなどのデータ活用を検討する企業が増えています。その一方で、必要なデータ収集、可視化、変化監視、状態診断、通知などのシステムを工場内に自社で開発、構築、運用することは技術、コストに加え、時間の負担が大きく、設備の状態監視システムを導入する企業が多くないのが現状です。

「CX-D」は、予知保全に必要な機能をシステムとして一つにまとめ、工場現場で設備状態の監視を容易に実現する予知保全プラットフォームです。工場設備からのデータの収集、可視化、変化監視、状態診断、通知等を行うための汎用的な機能や仕組みを実装しているため、企業の開発やシステム構築の負担を削減し、自社で素早く工場内で完結したシステムを導入し運用することができます。

「CX-D」は通常の稼働状態を学習し、工場設備の稼動状態の変化を警告指数としてとらえて検知するAI技術を標準実装しています。工場設備の最適な閾値での変化監視とTEDが現在提供している判別モデル自動生成マシン「CX-M」で生成した分類モデル、多値モデルを使った状態診断により、さらに精度の高い予知保全が可能になります。 

TEDでは、工場設備の知能化とモノづくりシステムの開発を加速し、製造現場の課題解決を図ってまいります。

【CX-Dシステム構成例】
装置(PLC)やセンサーからのデータ収集を集約し、AIを活用した複数設備の変化を常に定量的に監視することが可能です。
(当社が提供している判別モデル自動生成マシンCX-Mとの連携も可能)
 

CX-Dシステム構成例CX-Dシステム構成例


■CX-Dの詳細情報とお問い合わせ
・製品紹介URL:https://www.inrevium.com/product/cx-d/
・CX-D 製品紹介WEBセミナー:https://www.inrevium.com/news-event/event/p846/
・お問い合わせ:https://survey.zohopublic.com/zs/lUCsI9

【東京エレクトロンデバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:https://www.teldevice.co.jp/

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室 堀田・平
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム:https://www.teldevice.co.jp/cgi-bin/form/contact.php

<製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社
PB BU デジタルファクトリー営業部 神本
Tel:045-443-4030、Fax:045-443-4062
お問い合わせURL:https://survey.zohopublic.com/zs/lUCsI9

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  1. プレスリリース >
  2. 東京エレクトロン デバイス株式会社 >
  3. 工場現場の設備の状態監視を容易に実現、AIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」の販売を開始