2020年4月からの犯収法改正新基準「チ3」対応、本人確認サービス、「ProTech ID Checker 」に新機能追加

株式会社ショーケース(東京都港区六本木、代表取締役社長:永田 豊志)は、2020年4月からの犯収法改正新基準「チ3」に対応した本人確認サービス「ProTech ID Checker」に新機能追加で事業者、利用者の手間を大幅に削減できるようになります。
「ProTech ID Checker」は、オンラインで完結する本人確認に対応し、本人確認書類と容貌を撮影するだけで本人確認が実現するe-KYCサービスです。
この度2020年4月1日、犯罪収益移転防止法(以下、犯収法)の改正で本人確認方法が厳格化されます。
そこで当社はこれに対応しサービスをアップデートします。従来の容貌画像の撮影と確認書類の撮影で本人確認を行う犯収法第6条第1項1号ホに加え、確認書類の撮影と取引関係文書の郵便による本人確認、犯収法第6条第1項1号チ3に準拠したアップデートを行ないます。
古物売買やクレジットカード契約など、取引開始と同時に郵便で商品やカードを発送する事業者をターゲットとし、書類の徴求が2点となるケースによる離脱を防ぐごとが期待でき、ユーザー・事業者の双方の確認工数を削減できます。
この犯収法第6条第1項1号チ3の本人確認書類は写真付ではないものも含まれるため、以下の書類画像に対応します。

・運転免許証
・在留カード
・社会健康保険証
・国民健康保険証
・特別永住者証明書
・年金手帳
・後期高齢者医療被保険者証

本サービス開始は3月を予定しており、今後も当社ではオンライン本人確認e-KYCサービスを拡充していく予定です。
・ProTech ID Checker:https://ekyc.showcase-tv.com/
・参照ページ 金融庁:https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/20181130/20181130.html

■【株式会社ショーケース 会社概要】東証1部 証券コード:3909
・代表取締役社長:永田 豊志
・所在地:東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル14F
・設立:1996年2月1日
・事業内容:
○ FinTech&クラウドマーケティング事業
 EFO(入力フォーム最適化)を核とするクラウド型のWebマーケティング支援サービス
 口座開設におけるサイバーセキュリティサービス
 本人認証(e-KYC)、顔認証、免許証読み取りなどのオンライン認証サービスなど
○ 広告・メディア事業
 SNSと動画を中心とした広告配信サービス
 「bitWave」をはじめとするオウンドメディアの運営
○ 新領域事業
 RPAによる業務自動化支援、業界特化型SaaS、動画マーケティング支援など
○ 投資事業(株式会社Showcase Capital)
 国内外における技術ベンチャーへの投資事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ショーケース >
  3. 2020年4月からの犯収法改正新基準「チ3」対応、本人確認サービス、「ProTech ID Checker 」に新機能追加