湊かなえさんのデビュー作『告白』の文庫版がついに第100刷に!

刊行から11年、湊かなえさんが今、『告白』について思うこと
 2008年に刊行された湊かなえさんのデビュー作『告白』
「週刊文春08年ミステリーベスト10」1位第6回本屋大賞1位を受賞した単行本は、2010年に文庫化されて以来、切れ目なく増刷を続け、2019年12月10日に第100刷となりました。今回の増刷で文庫版の発行部数は288万部を超え、単行本と合わせた累計部数は358.7万部
10年の時を経ても、今なお新しい読者を獲得し続けている超ロングセラー『告白』の今後にご注目ください。

 

【書誌情報】
タイトル:告白
著者:湊かなえ
発売日:2010年4月11日
定価:本体619円 + 税
発売:双葉社(双葉文庫)
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-51344-8.html

▼第100刷記念に際し、湊かなえさんからコメントが寄せられました。

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」


我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでのこの告白から物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。

2008年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位
2009年 第6回「本屋大賞」第1位
2010年 映画化(監督・中島哲也/主演・松たか子/配給・東宝)
2014年 アメリカ「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙のミステリーベスト10に選ばれる
2015年 全米図書館協会アレックス賞に選ばれる

そんな湊かなえさんのデビュー10周年の節目に刊行された初のエッセイ集『山猫珈琲』(上巻16年12月/下巻17年1月)が文庫化され19年12月13日より店頭に並びます。湊さんの日常の「告白」もお楽しみください。

「山」「猫」「珈琲」は著者がとても好きで大切にしているもの。
これらに励まされ、また癒され、日々の執筆活動に励んでいる。


上巻は、朝日新聞、神戸新聞、日経新聞などに連載されたエッセイを収録。
特別収録/同郷のポルノグラフィティの楽曲『Aokage』をイメージした掌編小説

下巻は、様々な雑誌に寄せたエッセイや、シナリオ応募から小説家デビューまでを綴った連載を収録。
特別収録/脚本コンクール受賞作「ラスト・エレベーターガール」「答えは、昼間の月」

【書誌情報】
タイトル:山猫珈琲 上下巻
定価:本体 各600円 + 税
発売:双葉社(双葉文庫)

1973年広島県生まれ。2005年第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞受賞。 同年『聖職者』で第29回小説推理新人賞を受賞。08年同作品を収録した『告白』でデビューし、「2008年週刊文春ミステリーベスト10」第1位、09年本屋大賞を受賞。また14年には、アメリカ「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙のミステリーベスト10に、15年には全米図書館協会アレックス賞に選ばれた。12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。16年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞。18年『贖罪』がエドガー賞〈ペーパーバック・オリジナル部門〉にノミネートされた。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社双葉社 >
  3. 湊かなえさんのデビュー作『告白』の文庫版がついに第100刷に!