情報収集はテレビから!コロナの影響で約35%の人が地上波テレビの視聴時間が増えたと回答!一方、動画配信サービス等の視聴時間が増えたと答えた人は15%前後。ママたちは動画に頼らず自粛を乗り切ったのでは?

新型コロナウイルスの影響で、全国の妊婦さんやママたちはテレビや動画の視聴時間に変化があったのでしょうか。ベビカムでは、ここ最近のテレビや動画視聴時間についてアンケートで調査しました。

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」において、新型コロナウイルスの影響による地上波テレビや動画配信サービスの視聴時間に関して調査を行いました。
新型コロナウイルスによる自粛要請などをうけ、自宅で過ごす時間が増えた人も多いのではないでしょうか。
ベビカムでは、ベビカム会員の妊婦さんやママたちに「地上波テレビ」「YouTube」「YouTube以外の動画配信サービス」それぞれの視聴時間にどのような変化が現れたのかアンケートで調査しました。

まずは、以下の3つの円グラフをご覧ください。
 

新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後で「地上波テレビ」の視聴時間は増減しましたか?(回答数: 385 )
 

 

 



新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後で「YouTube」の視聴時間は増減しましたか?(回答数: 385 )

 



新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後でYouTube以外の「動画配信サービス」の視聴時間は増減しましたか?(回答数: 385 ) 
 

 




以上のように、最も視聴時間が増えたのは地上波テレビで、約35%の人の視聴時間が増え、YouTubeやその他動画配信サービスにおいては、「増えた」と答えた人は15%前後となり、80%以上が「変わらない」という回答となりました。

地上波テレビの視聴時間が増えた要因としては、随時発信される新型コロナウイルスの最新情報を得るための情報収集ツールとして利用する人が増えたからではないかと考えられます。

とはいえ、「地上波テレビ」「YouTube」「YouTube以外の動画配信サービス」いずれも、視聴時間が増えたと答えた人は半数を切っています。自宅で過ごす時間が増えたからといって、テレビや動画の視聴時間が大幅に増えているわけではないようです。

この要因としては、保育園や幼稚園、学校に行けなくても子どもがストレスなく家で過ごせるよう、子どもと一緒に楽しめる料理や勉強方法など、さまざまなアイデアでコロナを乗り切ろうとママたちが工夫したからかもしれません。

今後コロナが長期化し、このようなママたちの工夫やアイデアが尽き始めると、今回の調査結果よりも動画の視聴時間が増えていくことも考えられます。
そこで、ベビカム会員のママたちがおすすめする番組と、その番組のおすすめポイントも聞いてみました。


〈アンケートに答えてくれたママたちのおすすめ番組〉

・『ピタゴラスイッチ』(NHK)
日常使う道具でできた装置をビー玉がころがったり、とにかく子どもが夢中になる(さくらさん 6歳と3歳のママ)

・『クリエイティブ・ギャラクシー』(Amazonプライム)
物を作るのが好きな子どもが好きな番組。最後に子どもが作品を作るところがあり、海外の物なので親が見てもどれも新鮮で良い(ぐっふぃーさん 4歳と4ヶ月のママ)

・『ハピクラ』(キッズステーション)
いろんなコーナーがあり、子どもが飽きずに楽しめました! 知育にもオススメです(みぃなさん 2歳と1ヶ月のママ)


このように、子どもの興味を引きつけ、子どもが一緒に楽しめる番組がおすすめポイントに多くあがりました。


 ベビカムではさまざまな内容でアンケートを実施しています。今回のアンケートでは、本リリースにご紹介した意見だけでなく、多くの意見が寄せられていますので、結果詳細はこちらからどうぞ
https://www.babycome.ne.jp/news/id/home-34/

その他、アンケートの結果等にご興味のあるメディア等の関係の方は、直接以下のフォームからベビカムまでご連絡ください。
https://questant.jp/q/CYLVN9BC



■サイト情報
ベビカム(https://www.babycome.ne.jp
1998年開設。日本最大級の妊活、妊娠・出産、育児の総合情報サイト。コミュニティやブログサービスのほか、専門家監修による大百科的コンテンツや、膨大な体験談、相談室をはじめ、ユーザーのニーズに合った生活情報、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業ともコラボしてサイト内で情報発信や、セミナー・イベント等も行う。また、ベビカムでのリサーチの活動は、キッズデザイン賞 審査委員長特別賞・社会貢献メディア賞を受賞している。
ベビカム登録会員数:35万人

■会社概要
ベビカム株式会社(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間延べ1000万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。また、本田技研工業のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。


会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SF IIIビル 8階
ホームページ:https://company.babycome.jp


【本リリースに関するお問い合わせ先】

ベビカム株式会社 担当:山田妙子
TEL:03-5357-1857/FAX:03-5357-1858
E-Mail:prs@babycome

 

参考/「地上波テレビや動画配信サービスの視聴の実態に関する調査」アンケート設問内容

Q1.あなたの性別を教えてください。
Q2.あなたの年齢を教えてください。
Q3.お住まいの都道府県を教えてください。
Q4.あなた(もしくはパートナー)は、現在妊娠中ですか?
Q5.では、妊娠何ヶ月ですか?
Q6.では、現在「妊活中」ですか?
Q7.あなたに、お子さんは何人いらっしゃいますか?
Q8.第1子(いちばん上のお子さん)は何歳ですか?
Q9.いちばん末のお子さんは何歳ですか?
Q10.テレビは家にありますか?
Q11.「はい」と答えた方に質問します。「地上波テレビ」で特によく見るチャンネルはありますか?
Q12.「地上波テレビ」で特によく見る番組を教えてください(3つまで)
Q13.「地上波テレビ」を見る時間は、1年前と比べて増減しましたか?
Q14.YouTube以外の「動画配信サービス」等で、知っているものはありますか?
Q15.現在、YouTube以外の「動画配信サービス」を、有料、もしくは、お試しや無料で利用していますか?
Q16.「はい」と答えた方に質問します。YouTube以外の「動画配信サービス」で、お試しや無料で利用しているものをすべてお答えください。
Q17.YouTube以外の「動画配信サービス」で、有料で利用しているものはどれですか?
Q18.「動画配信サービス」に、有料で申し込んだ理由を教えてください。
Q19.YouTube以外の「動画配信サービス」を見始めたきっかけはなんですか?
Q20.YouTube以外の「動画配信サービス」をよく見るようになったのはいつごろからですか?
Q21.YouTube以外の「動画配信サービス」等で、特によく見る番組があれば教えてください(3つまで)
Q22.最近、1日のうち、「地上波テレビ」を見ている平均時間はどれくらいですか?
Q23.最近、1日のうち、「YouTube」を見ている平均時間はどれくらいですか?
Q24.最近、1日のうち、YouTube以外の「動画配信サービス」を見ている平均時間はどれくらいですか?
Q25.新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後で「地上波テレビ」の視聴時間は増減しましたか?
Q26.何時間くらい増えましたか?もしくは減りましたか?
Q27.新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後で「YouTube」の視聴時間は増減しましたか?
Q28.何時間くらい増えましたか?もしくは減りましたか?
Q29.新型コロナウイルスの影響による休校や自粛が話題になってから、その前後でYouTube以外の「動画配信サービス」の視聴時間は増減しましたか?
Q30.何時間くらい増えましたか?もしくは減りましたか?
Q31.新型コロナウイルスの影響で家にいなければならない中、子どもが楽しめる、おすすめの番組があれば教えてください。
  1. プレスリリース >
  2. ベビカム株式会社  >
  3. 情報収集はテレビから!コロナの影響で約35%の人が地上波テレビの視聴時間が増えたと回答!一方、動画配信サービス等の視聴時間が増えたと答えた人は15%前後。ママたちは動画に頼らず自粛を乗り切ったのでは?