東京オートサロン2020に軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展

~「タント」や「ロッキー」などの個性あふれるカスタマイズカーも出展~

TAFT コンセプト(フロント)TAFT コンセプト(フロント)

TAFT コンセプト(ガラスルーフ)TAFT コンセプト(ガラスルーフ)

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2020年1月10日(金)から1月12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2020」に、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」をはじめ、既存の軽自動車、小型乗用車をベースとした、個性あふれるカスタマイズカーを出展する。また同年2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」にも、同様に出展を行う。

ブーステーマは、昨年に引き続き、「遊びゴコロをみんなのものに。」とした。軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展するほか、2019年に発売したコンパクトSUV「ロッキー」、軽オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカー等を出展。さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。

中でも「TAFT コンセプト」は、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルである。日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。

さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じていただける仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFT コンセプト」を題材に、お客様と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に親しんでいただけるブースとする。

軽自動車から小型乗用車、商用車まで、ダイハツの得意とするスモールカーラインナップを生かし、各モデルの持つ魅力を深化させたコンセプトモデルや、各コンテンツを通じて、カスタマイズは限られた人のみならず、より多くの方々にとって、毎日の暮らしをより楽しくする身近なものであることを提案し、ダイハツらしい“遊びゴコロ”を感じていただけるブースとする。

<出展車両>
軽自動車ベース8台、小型乗用車ベース1台、合計9台を展示


【TAFT コンセプト※】


<主要諸元>

※コンセプトである、「Tough & Almighty Fun Tool」の頭文字に由来

【タント カスタム Premium Ver.】


【タント CROSS FIELD Ver.】


【ロッキー Sporty Style】


【コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.】


【ハイゼット トラック PEAKS Ver.】


【ハイゼット トラック DJ Ver.】


【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer.】 


【タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.】

© 2019 MARVEL

<東京オートサロン スペシャルサイトのご案内>
URL  https://www.daihatsu.co.jp/learning/event/tokyo_as2020/

お客様からのお問合せについては、ダイハツお客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)にお願いいたします。

以上

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイハツ工業株式会社 >
  3. 東京オートサロン2020に軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展