2022台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜〜革新と継承〜」第7回は10月22日(土)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』!

2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催になります。


2022年の第7回は、ある無差別殺人を通して罪とは何か?を問うサスペンス『アシュラ/阿修羅(原題:該死的阿修羅)』です。
トークは本編解説、秋の映画祭情報と各映画祭の選定傾向。

『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』
2021年(114分)
監督:樓一安(ロウ・イーアン)
出演:黃聖球(ホアン・シェンチョウ)、莫子儀(モー・ズーイ)
王渝萱(ワン・ユーシュアン)、潘綱大(パン・ガンダー)
賴澔哲(ライ・ハオジャ)、張詩盈(チャン・シーイン)、丁寧(ディン・ニン)


ジャーナリストの書いた無差別殺人に関する3つのレポートに触発されて制作された、数々の受賞歴を誇る樓一安(ロウ・イーアン)監督最新作。
教育、ネット社会、格差、マスコミの功罪など様々な社会問題を通してなぜこの事件が
起きたのか、そして登場人物の事件の前と後の人生から罪とは何か?を問うサスペンスで、重層的な物語の構成と視点の変化が、見る者に驚きをもたらします。


18才の誕生日、ある少年が夜市で改造した空気銃を発砲、一人の男性が死亡した。
偶然その場に居合わせ目撃したジャーナリストと女性、被害者の婚約者、少年の親友…6人の運命は夜市で絡み合い、この事件がそれぞれの人生に大きな影を落とすことになる。

もしこの犯罪を犯したのが他の人物だったら、この6人の運命はどうなっていたのか…。


日時:10月22日(土)14時からオンライン
配信プラットフォーム:参加決定者に個別にメールでお知らせします。
スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)
参加:事前申し込みによる先着順。
★申し込み
10月7日(金)午前11:00〜10月10日(月)午前11:00
(予定数に達した場合は、申込み終了時間前に締め切ることがあります)
以下よりお申し込み下さい。
URL:https://taiwan-movie7.peatix.com
※申し込みボタンは10月7日(金)11:00から表示されます。(最大で10分程度前後することもあります)
申し込みボタンをクリックして必要事項を記入して送信して下さい。
お一人様1通でご応募下さい。
※同じ方の複数申し込みは失格となりますので、ご了承ください。
※申し込みフォームでは、正しいメールアドレスを入力して下さい。

  1. プレスリリース >
  2. 台北駐日経済文化代表処台湾文化センター >
  3. 2022台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜〜革新と継承〜」第7回は10月22日(土)『阿修羅/アシュラ(原題:該死的阿修羅)』!