Unity、RestARを買収し、AIベースの3Dキャプチャを実現

物理的な3Dオブジェクトを高品質でキャプチャし、新たに発売されたUnity Formaを補完することで、リアルタイム3Dのパワーをより多くの業界に拡大


マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫、以下 当社)は、親会社であるUnityがイスラエル・テルアビブに拠点を置くコンピュータビジョンおよびディープラーニング企業であるRestAR社の買収を発表しました。RestAR社は、ファッションブランド、オンライン小売業者、マーケティング担当者がモバイルデバイスのみを使用して、実物の消費者製品を高品質な3Dでスキャンし、レンダリングすることを可能にします。先日発表したマーケティング担当者向けツール・Unity FormaやこのRestARによりあらゆる製品やオブジェクトのデジタルツインを3Dで生成できることを通じて、インタラクティブなリアルタイム3D技術の力をあらゆるタイプのマーケティング担当者に拡張します。

「RestARの買収により、Unityは、ほぼすべての製品のデジタルマーケティングを民主化することで、ブランド、小売業者、消費者に大きな力を与えることができるようになりました」と、UnityのUnity Create Solutionsのシニアバイスプレジデント兼GMであるデイブ・ローズ(Dave Rhodes)は述べています。「かつては大手メーカーや消費財メーカー以外の企業には手が届かなかったものが、現在では、製品を販売するための具体的で効果的な方法を探しているあらゆる規模の企業に利用できるようになりました。私たちは、誰もがUnityの製品を活用できるようになるべきだと基本的に考えており、今回の買収はその方向性に向けたもう一つのステップとなります」
 

リアルな3Dモデルの作成は時間がかかり、手作業であり、コストがかかるプロセスであり、これらを実行できる余裕のある企業はほとんどありません。RestARでは、スキャンは1分程度の動画で完了し、専門的な知識や特別なハードウェアを必要とせず、最先端のAIベースの技術を用いてクラウド上で処理・高圧縮されます。RestARは、オンラインビジネスにおいてマーケティング担当者が製品の高品質な3Dモデルを簡単に作成できるようにします。現在RestARは、UGG、Off-White、Wix、Dafiti、Hoka One One、Palm Angels、Heron Prestonなどの大手ファッションブランドやeコマースプラットフォームと提携しています。

「COVID-19の危機は、新しい消費者行動とデジタルトランスフォーメーションに向けた小売業やその他の業界の拡大を加速させました。すでに複数の業界で3Dコンテンツのレンダリングにおいてリーダーとしての地位を確立しているUnityと並んで、RestARはUnity Formaと組み合わせることで、あらゆる業界のビジネスやマーケッターにとってビジュアルコンテンツのゲームチェンジャーとなるでしょう」とRestARのCEOであるバー・サラフ(Bar Saraf)は述べています。

RestARの社員は、イスラエルのテルアビブにある同社本社からUnityに入社します。Unityは、リアルタイム3D開発のための最も包括的なプラットフォームです。新興のクリエイターからグローバルブランドまで、あらゆる業界や地域の企業が、魅力的なリアルタイム3D体験を作成するために、Unityのパワフルでアクセスしやすいツールを使用しています。詳細については、Unityのウェブサイトをご覧ください。
https://unity.com/ja


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、リアルタイム3Dコンテンツを作成・運用するための世界有数のプラットフォーム「Unity」の日本国内での販売やサポート、コミュニティ活動、研究開発(R&D)および教育支援などを行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2019年に15億以上のユニークデバイスで月30億回以上ダウンロードされました。

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。


RestARについて
RestARは、小売業があらゆるモバイルデバイス上でAIを使用して、商品の簡単な動画を3D/ARビジュアライゼーションに変換し、収益を増加させることを可能にすることで、人々のオンライン商品との関わり方を変えることを目指しています。RestARは、Global Startups Competition for Retail 2020およびRethinking Commerce 2019のコンペティションで1位を獲得し、世界をリードするファッションブランドやEコマースプラットフォームと連携しており、Wix Capital、500startups、Walmermart Latin-Aicaの前社長、Dafitiの共同創業者などの戦略的投資家から資金提供を受けています。RestARの技術は、最先端の学術研究に基づいたコンピュータビジョンとディープラーニングアルゴリズムの両方を組み合わせています。研究は、最高の品質と正確性をお約束します。詳細については、以下をご覧ください。
https://www.rest-ar.com/


※本プレスリリースは当社の米国本社が発表した内容を元に配信しています。原文(英語)はこちらをご覧ください。
https://www.businesswire.com/news/home/20201215005325/en/Unity-Acquires-RestAR-to-Enable-AI-Based-3D-Capture
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 >
  3. Unity、RestARを買収し、AIベースの3Dキャプチャを実現