プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

RAGE
会社概要

「RAGE Shadowverse 2022 Autumn」GRAND FINALS 優勝は“比類なき臥竜”テリヤキ選手に!イベントに参加したお笑いコンビ、マヂカルラブリーも興奮し観戦!

〜次回大会「RAGE Shadowverse 2022 Winter」のエントリーも開始〜

RAGE

 株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が運営する国内最大級のeスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」は、対戦型オンラインTCG『Shadowverse』の大会「RAGE Shadowverse 2022 Autumn」の決勝トーナメントにあたるGRAND FINALSを2022年9月23日(金・祝)に開催いたしました。

予選大会に続いてオフラインでの開催となったGRAND FINALSの舞台・有明セントラルタワーホールにはファイナリスト8人が集結。会場では司会と進行を務めたテレビ朝日アナウンサーの布施宏倖さんとコスプレイヤーでありYouTuber・ゲーム実況者でもあるみゃこさん、実況の友田一貴さん・平岩康佑さん、解説のまるさん・海老原悠さんといった面々が大会の行方を見守りました。
 GRAND FINALSはトーナメント形式で、各試合は先に3バトルを制した方が勝利するBO5方式。1試合で異なるクラスのデッキを3つ持ち込むことができ、2バトル目以降は勝利したデッキは使用できなくなるというルールです。
 客のスティックバルーンによる応援が飛び交い、会場が熱気に包まれるなか、テリヤキ選手は常に冷静なプレイングを見せて王者になり、賞金1,000万円と優勝の栄冠を手にしました。
 また決勝後には次回大会「RAGE Shadowverse 2022 Winter」の日程が発表されました。すでに始まっているエントリーは10月23日(日)23時59分まで実施し、オンライン1次予選は10月29日(土)、30日(日)から行われていきます。
(エントリーURL:https://sv.rage-esports-operation.jp/2022/winter/ )

本大会の模様は、OPENREC・YouTube・ABEMAのアーカイブ配信で視聴できます。
・OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/live/lv81604myz9
・YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=A4HqHjU00KI
・ABEMA:https://abema.tv/channels/world-sports-4/slots/E28A1R5iwJwB5q

【1回戦第1試合】“飛翔の一撃”Say選手 vs “比類なき臥竜”テリヤキ選手

競技歴わずか1年でGRAND FINALS出場を果たしたSay選手と、プレーオフ決勝でプロ選手をくだして勝ち上がってきたテリヤキ選手の対戦でこの日の戦いはスタートしました。「OTK(One Turn Kill)が大好き」と語っていたSay選手でしたが、テリヤキ選手はそんな隙を見せず、集中したプレイを見せて1-3で勝利。最初の準決勝進出者となった彼は「Say選手に勝つことがひとつの目標だったし、そのために練習してきたので嬉しい」と冷静な口調で語りました。

【1回戦第2試合】“孤高のアウトサイダー”指紋選手 vs “多彩なる絶佳”WTG|lol選手

チームの在籍経験がなく「(我流で)ここまで結果を出してこれたのは天才」と自負する指紋選手と、「トロフィーを掲げるシーンを10回くらいイメージしている」と語るWTG|lol選手。自信家同士の対戦となった1回戦第2試合は、フルセットにもつれ込みながらもWTG|lol選手が勝利。指紋選手が持ち込んだデッキが対戦慣れしていないものばかりで「緊張しまくってよくないプレイが多かった」と試合を振り返りながらも、WTG|lol選手は「ここから落ち着いて自分らしいプレイができるよう頑張りたい」と次の試合に目を向けます。

【1回戦第3試合】“闘紙の翼”yoshiky選手 vs “不動の精密機械”ミル選手

事前に行われた優勝予想で、3位のyoshiky選手と1位のミル選手が戦う注目の一戦となった1回戦第3試合。自身三度目のGRAND FINALS出場で過去大会の雪辱を晴らそうとしていたプロチームauデトネーション所属のプロ・ミル選手でしたが、彼を3-1で撃ち破ったyoshiky選手が準決勝へ。「お互いでしょうけど、苦しい戦いだった」と苦渋の表情で語るyoshiky選手でしたが、「プロに勝ったと言っても、勝ち進んでいるみなさんも強豪揃いなので、油断せずに残り2試合頑張りたい」と心を引き締めていました。

【1回戦第4試合】“変幻自在の閃光”Thx|まほう選手 vs “百花繚乱の豪傑”山芋選手

1回戦最後の試合では『Shadowverse』のプロ選手になるため、今大会で優勝して発信力を上げようと目論むThx|まほう選手が登場します。しかしそれを阻んだのは、世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2021」で3位という実績のある山芋選手。彼は3バトル連取しての完勝にも大きな喜びを見せず、「絶対勝って決勝まで進みます」と準決勝以降も見据えていました。

【準決勝第1試合】“比類なき臥竜”テリヤキ選手 vs “多彩なる絶佳”WTG|lol選手

1回戦でも冷静さが光っていたテリヤキ選手は、準決勝ではさらなる落ち着きを見せてWTG|lol選手を相手に3-0のストレート勝ち。1回戦を終えてから長時間を経ての準決勝だったものの、当のテリヤキ選手は「裏でほかのプレイヤーと一緒に配信を観ていたので、楽しい時間でした」と涼しい顔。決勝への意気込みを聞かれても平然とした様子で「油断せずに次も勝ちたい」とコメントしました。

【準決勝第2試合】“闘紙の翼”yoshiky選手 vs “百花繚乱の豪傑”山芋選手

第1試合とは逆に準決勝第2試合は接戦となりました。yoshiky選手が1勝取ると山芋選手がすぐに取り返すという展開が続き、勝負の行方は第5バトルへ。お互いの好プレイが見られたこのバトルで勝利し決勝進出を決めたのは山芋選手。「相手も強いのでワンミスしたら負ける」という覚悟とともに戦った試合に勝利した彼は「世界大会では到達できなかった決勝の舞台。全力で楽しみます」と笑顔も交えて語ります。

【決勝】“比類なき臥竜”テリヤキ選手 vs “百花繚乱の豪傑”山芋選手

「『RAGE』で優勝したことがないので優勝してみたい」と淡々と語るテリヤキ選手と、「ここまで来たからには一緒に練習してくれた仲間のためにも絶対勝ちたいので、次のBO5で自分のすべてを出し尽くせるようにがんばりたい」と熱っぽく語る山芋選手。対照的なふたりによる戦いを控え、会場の熱気も最高潮に。それに応えるように決勝はフルセットにもつれ込む熱戦となり、最後は紙一重の試合を制したテリヤキが王者となりました。

【インタビュー&表彰セレモニー】

ステージ上で優勝トロフィーを掲げたテリヤキ選手は、率直な気持ちを問われ「とても嬉しいです」と語るものの表情はさほど崩さず。「終わったばかりで、実感はまだあまりない」とのことで、密かに喜びを噛み締めていました。
またセレモニーには『Shadowverse』プロデューサーの木村唯人さんも登壇し、「前回に続いてオフライン大会を無事に開催できたことが嬉しい」と述べたのち、今大会はエントリー数も増えたことで前回より熱気や盛り上がりを感じられたと明かします。そして2023年2月17日(金)〜19日(日)に開催予定の大会「Shadowverse Invitational 2023」への出場権も得られる次回大会「RAGE Shadowverse 2022 Winter」がオンライン開催となるため、「より多くのプレイヤーに参加してほしい」と期待を寄せました。

■RAGE 邪道バース 2022 Autumn

優勝賞品は「邪道バース」総監督を務めた野田クリスタルさんの自腹の賞金10万円および、スーパー野田ゲーWORLD公式マークの贈呈。
決勝戦はエアーマン選手とさくさんいおん選手との戦いになり、イカサマの実行や指摘の応酬を経て、
エアーマン選手が優勝しました。

アーカイブ配信はこちら( https://www.youtube.com/watch?v=hP0lsqc0Naw

【邪道バースとは】
「邪道バース」は野田クリスタルが総監督を務めた、Nintendo Switch用ソフト「スーパー野田ゲーWORLD」に収録されている、イカサマできるカードゲームです。
「カードをこっそり2枚引く」「相手の体力を奪う」など、手を操作しながらバレずにイカサマを行います。イカサマを指摘されるとペナルティを受けます。

■#マヂカルシャドウバース GF観戦配信

#マヂカルシャドウバースGF観戦配信は番組初となる出張配信となり、RAGE Shadowverse 2022 Autumn準決勝から観戦が始まりました。
リグゼ選手(G×G)によるプロ選手目線での的確な解説に頷きながら試合を見つめるマヂカルラブリーと三田麻央さん。
選手たちの白熱した戦いに会場も熱をおび、出演者も興奮しながら試合を見守りました。

アーカイブ配信はこちら( https://www.youtube.com/watch?v=nH9-evTjte4

■『Shadowverse』(株式会社Cygames)https://shadowverse.jp/
『Shadowverse』は、「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利となる、スマートフォンで遊べる対戦型オンラインTCG(Trading Card Game)です。2022年現在、日本語を含む9言語が世界にリリースされ、累計ダウンロード数は2,700万を突破しています。競技性の高さを生かし、賞金総額2億8,000万円の世界大会開催やプロリーグ設立など、eスポーツシーンにも参入しています。

■RAGEとは
 RAGE(レイジ)とは、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテインメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、新たな常識に挑戦するeスポーツエンターテインメントです。Apex Legends、VALORANT、Shadowverseといった人気タイトルの「公式大会」の運営をはじめ、オフラインやオンラインでの一般参加型の「イベント」、プロチームの頂点を決める「プロリーグ」、3つのプロジェクトを実施しています。
オンライン視聴による最高同時接続数は41万人を超え、eスポーツイベントの国内同時接続数TOP3をRAGEが席巻※1。2022年に2年ぶりに行われたオフラインイベント※2では1万3千人超のチケットを即完売させ、その翌月にはさいたまスーパーアリーナ※3においてもチケットは完売。国内最多動員数を記録する2万6千人超が来場し、日本のeスポーツイベントにおける歴史的な記録を達成しました。
RAGEは国内公式大会における同時接続者数の記録を更新し続け、eスポーツイベントにおける総動員数、総視聴数においても国内No.1となり、今、Z世代を突き動かすeスポーツエンターテインメントです。

※1 同時接続数は公式のYouTube、Twitchのウォッチパーティー合計 ※Esports Charts調べ 
※2 RAGE VALORANT 2022 Spring
※3 2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2 Playoff Finals

公式サイト:https://rage-esports.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/eSports_RAGE


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://rage-esports.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

RAGE

20フォロワー

RSS
URL
https://rage-esports.jp/
業種
情報通信
本社所在地
ー ー
電話番号
-
代表者名
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード