ウエスタンデジタル、『第10回オートモーティブワールド2018』 でデータセントリックな自動車業界向けのソリューションを展示

~展示ブース、基調講演・技術セミナーのご案内~

ウエスタンデジタルコーポレーションは、2018年1月17日(水)~1月19日(金)「第10回オートモーティブワールド2018」(開催場所:東京ビッグサイト)で、データセントリックな自動車業界向けのソリューションポートフォリオを展示します。ウエスタンデジタルのオートモーティブソリューションは、自動車業界メーカーがクリティカルな乗用車データやエンターテイメントデータを保存、保護、アクセス、変換できるように、幅広い消費者、商業および企業環境向けにビッグデータやファストデータソリューションの広く、深いポートフォリオを提供することで革新的な基盤を共有しています。

「第10回オートモーティブワールド2018」は、2,100社以上が出展する世界最大級の先進車載技術の展示会で、自動車産業の業界における先端テーマの最新技術を紹介します。

出展のテーマは、『ウエスタンデジタルが推進するエッジストレージ技術』。性能だけでなく信頼性や安全性を欠かすことができない次世代の「コネクテッドカー」や「インダストリアルIoT」ソリューション向けに、ウエスタンデジタルのNANDフラッシュメモリーを用いた、高信頼性かつ大容量のデータテクノロジーを紹介します。

ブース出展に加えて、イベント最終日となる1月19日に、ウエスタンデジタルで車載向けソリューションを推進する責任者オデッド・サギーの基調講演を予定しており、講演内容は、「自動車変革への基盤となるデータ環境」です。また、同日、プロダクトマーケティング、ディレクターのラッセル・ルーベンによる技術セミナーも予定しており、「自動運転におけるNAND フラッシュエッジストレージの必要性とその役割」と題してご説明いたします。

なお、ウエスタンデジタルは、国内最大級の自動車レース「AUTOBACS SUPER GT 2018 series」のオフィシャルスポンサーです※1。これに関連して、ウエスタンデジタルブースではGTカーを展示します。

■ウエスタンデジタル製品 展示ブースのご案内

場所: ブース番号E52-4
ステージ: 製品担当によるウエスタンデジタルの車載用エッジストレージソリューションのご紹介
展示内容: 車載用組み込みフラッシュデバイスならびにメモリーカード
ウェブ特設サイト: https://link.sandisk.com/welcome/mcs-bulletin/mcs-bulletin-events/automotive-world-18-jp.html

■基調講演/技術セミナーのご案内

<基調講演>
日程: 2018年1月19日(金) 9:30-11:00
会場: TFT Building West Wing (2F)
オデッド・サギー
シニア・ディレクター、組み込みソリューション
ウエスタンデジタルコーポレーション

講演タイトル: 「自動車変革への基盤となるデータ環境」

ADAS、セーフティシステムなどの自律型車載アプリケーションには自動車メーカーやOEM顧客、モビリティサービスプロバイダーが堅牢なデータストレージ環境に基づいた将来のデータ環境を定義することが重要です。本講演ではNANDフラッシュがもたらすイノベーションやインテリジェンスが進む次世代車載アプリケーションへのインパクトを解説します。

<技術セミナー>
日程: 2018年1月19日(金) 12:20-13:20
会場: 東-B セミナー会場
ラッセル・ルーベン
ディレクター、プロダクトマーケティング、組み込みソリューション
ウエスタンデジタルコーポレーション

講演タイトル: 「自動運転におけるNAND フラッシュエッジストレージの必要性とその役割」
NANDフラッシュがADASと自動運転システムの開発にどのように関わるのか、技術面における選択のポイントをご説明します。

ご注意:お座席には限りがございますので詳しくはオートモーティブワールド2018公式サイト( http://www.automotiveworld.jp/home/ ) にてご確認ください。

ウエスタンデジタルのフラッシュテクノロジーソリューションについて
ウエスタンデジタルのフラッシュストレージソリューションは、優れた耐久性と高い信頼性を備え、商業用監視システム、インテンシブな「インダストリアルIoT (IIoT)」アプリケーション、厳しい温度環境で使用される「コネクテッドカー」向けのアプリケーションに対応します。自動車メーカーやティア1サプライヤーのお客様は、AEC-Q100 Grade 2/3の認証取得済みの高信頼な車載用エッジストレージを活用することにより、地図ナビゲーションシステム、データイベントレコーダー、インフォテインメントシステムなど様々な最先端の車載用アプリケーションやシステムをサポートする、インテリジェントかつ大容量の高速データストレージを構築することが可能となります。

SanDisk® iNAND® 7250A車載用組み込みフラッシュデバイス
優れた信頼性を発揮する強化されたフラッシュストレージ技術を採用しているSanDiskブランドのe.MMC 5.1は、最新の「先進運転支援システム(ADAS)」、最先端のインフォテイメントシステムやセーフティシステム、その他の車載向け自律技術に対応しています。
-40℃から最大105℃の幅広い温度が想定される車両内外の極端な環境状況においても信頼性の高い性能を発揮します。新しい組み込み用フラッシュドライブはさまざまなコネクテッド車載システムや環境に対応可能です。

SanDisk Automotive SD(TM)カード
SanDisk Automotive SDカードは、車載市場の信頼性、品質、温度に対する厳しい要求を満たすために設計されています。弊社の車載ソリューションは、-40℃から85℃までの動作温度範囲を実現するなど、AEC-Q100 Grade 2/3の認証を取得しています。
ナビゲーションマッピングシステム、データイベントレコーダー、インフォテイメントシステムなどの車載アプリケーションやシステムに、車載グレードの高信頼かつ高速なデータストレージをSDカードのフォームファクターで提供します。

SanDisk Industrial SDカードおよびmicroSD(TM)カード
SanDisk Industrial SDカードおよびmicroSDカード、SanDisk Industrial Extended Temperature SDカード(-40℃~85℃の厳しい温度条件でも確かなパフォーマンスを発揮)には、産業向けおよび商業向けにおいて最も重要な高い耐久性と信頼性が備わっており、ワークロードの多いIIoTや商業用監視システム、医療用および厳しい「コネクテッド」アプリケーションなどに長期にわたり堅実に対応します。

※1:GTAスポンサーシップの発表は2018年3月頃を予定しています。

© 2018 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.Western Digital、Western Digitalロゴ、 SanDisk、iNANDは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている可能性があります。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウエスタンデジタル >
  3. ウエスタンデジタル、『第10回オートモーティブワールド2018』 でデータセントリックな自動車業界向けのソリューションを展示