企画展「作陶50年記念 上瀧勝治展―磁器に咲く花」を開催します(千葉県佐倉市立美術館、10/30から)

 佐倉市立美術館では、佐倉・房総ゆかりの作家についての調査・研究を活動の大きな柱とし、関連する展覧会を開催しています。
 今回、佐賀県有田町に生まれ、佐倉市に窯を築いた陶芸家・上瀧勝治(うわたきかつじ)氏の作陶した磁器を展示します。上瀧氏の作陶50年を記念した本展示では、初期から最新作までの約50点の作品を一堂に集めて紹介します。
 作品からは、有田の伝統が、佐倉の風土で培った繊細な色と作家の時代感覚によって昇華されている様を感じ取ることができます。

 

 

第40回日本伝統工芸展出品作(《葆光布染壺》1993年、個人蔵)第40回日本伝統工芸展出品作(《葆光布染壺》1993年、個人蔵)

◆概要

・企画展  「作陶50年記念 上瀧勝治展―磁器に咲く花」
・期間  2021年10月30日(土)から12月19日(日)まで
・開館  月曜休館、10:00~18:00(入館17:30まで)
・会場  佐倉市立美術館(千葉県佐倉市新町210番地)
・観覧料  高校生以上500円(前売及び20名以上の団体400円)、中学生以下無料
※前売券は、佐倉市立美術館、佐倉市民音楽ホール、佐倉市観光協会、JR佐倉駅前観光情報センターにて、10月29日まで販売。
※佐倉市内の小・中学生と同伴者1名は無料。
※障害手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料。
※11月16日(火)は、開館記念日・佐倉教育の日事業として観覧無料。
・主催 佐倉市立美術館

◆対話型鑑賞ツアー「ミテ・ハナソウ・カイ」オンライン
佐倉市立美術館の所蔵作品を鑑賞する対話型鑑賞ツアー「ミテ・ハナソウ・カイ」オンラインを開催しています。お家にいながら佐倉市立美術館を楽しむことができます。
・日時  2021年11月28日(日)、10:30から
・URL  http://mitehana.com/activity/mitehanasoukai-2/

 

 

全高1メートルを超える大壺(《八重染彩磁蓋付大壺》2021年、作家蔵)全高1メートルを超える大壺(《八重染彩磁蓋付大壺》2021年、作家蔵)

◆アクセス
【公共交通機関】
京成佐倉駅南口 徒歩8分、または、ちばグリーンバス「JR佐倉駅行」か「第三工業団地行」で「佐倉市立美術館」下車すぐ。
JR佐倉駅北口 徒歩20分、または、ちばグリーンバス「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」で「二番町」下車すぐ。
※車でお越しの方は、近くのコインパーキングか大手門跡広場駐車場(無料)をご利用ください。

◆お問い合わせ
佐倉市立美術館
住所:千葉県佐倉市新町210番地
TEL:043-485-7851
URL:https://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐倉市 >
  3. 企画展「作陶50年記念 上瀧勝治展―磁器に咲く花」を開催します(千葉県佐倉市立美術館、10/30から)