ゲームで思考力が伸びる!?「慣用句」と「かるた」の組み合わせでお子さまの思考力を鍛える「慣用句かるた」決勝大会開催 2019年1月14日(祝・月)10:00~14:30@中野サンプラザ

やる気スイッチグループの知育 チャイルド・アイズの「思考力アドバンス」コース

総合教育事業を展開する株式会社やる気スイッチグループホールディングス (東京・中央区)が運営する幼児教育の「チャイルド・アイズ」では、小学生のお子さまを対象に思考力を競う「慣用句かるた大会」を2019年1月14日(祝・月)に開催。関東の約30教室から勝ち上がった約60名の子どもたちによる決勝大会頂点を競います。

いまボードゲームの教育効果にも関心が高まっています。その背景には、2020年に行われる教育大改革により「思考力」がさらに重要なキーワードになることが関係しています。学習指導要領の改訂にも表れるように「自分で考えて学んでいく力」が問われる時代にシフトしつつあるのです。
 


■「慣用句かるた」って?
「慣用句かるた」は小学生の表現力・読解力を磨き、思考力を養うことを目的にした「思考力アドバンスコース」で行われているゲームのうちの一つです。ゲームを行うことで、先を見通し戦略をたてることの大切さ・勝利をつかむ楽しさを伝える教材として月に1回とりいれています。大会当日は、一人ひとりの思考力が試される個人の部とメンバー同士のコミュニケーション力が試されるチーム戦を行います。

「慣用句かるた」は、読み上げられた内容と一致する、慣用句カードと絵カードをとる早さを競うゲームです。中学受験に出題される慣用句の頻出順に32種類の意味カード・絵カード・慣用句カードから構成されています。

■どうしてゲームで思考力がのびるの?
ボードゲームの教育効果の注目度が上がるにつれ、論理的思考力やコミュニケーション能力を期待して小学校や幼児教育で取り入れられることが増えてきました。

ゲームで勝つことの楽しさを知るとともに決められたルールの中で、戦略を練ることが思考力を培うと言われています。また、チームや異学年で競うことで自分が考えることを的確に伝える場面や自分の役割を考える状況が生まれるためコミュニケーション力が培われると言われています。

■大会開催概要
開催日:2019年1月14日(祝・月)
時間:10時00分~14時30分
会場:中野サンプラザ

プログラム
10:00
:開会の言葉

10:15~
:個人戦開始~3回戦対戦

11:45~12:30
:お昼休憩

12:45~
:団体戦 3回戦

14:10~14:30
:表彰式・閉会式

■チャイルド・アイズの「思考力アドバンス」コース
中学受験だけではなく、その後の人生にも役立つ「思考力」を確実に伸ばします。小学校低学年の授業は、どうしても読み書き計算が中心になりがちです。このコースでは小学1年生~6年生までの子どもたちを対象に学校の勉強だけでは補えない5つの思考力をバランスよく伸ばしていきます。

5つの思考力
1.受容的思考・・・知識や情報を理解し、吸収する能力
2.集中的思考・・・いろいろな情報を1つにまとめあげる能力
3.転換的思考・・・ある事柄を別の方面から見直す能力
4.拡散的思考・・・1つのものからいくつものアイデアを生み出す能力
5.表現的思考・・・自分の考えを言葉やその他で表現する能力

授業内容は、基本的に週1回50分で知能研究所と開発した新テキスト「思考のバイエル」とウォーミングアップ、ゲームを組み合わせて進めていきます。

「思考のバイエル」は1冊1レベル1か月で終わる内容で、知能育成の授業を受けていない場合はLv.1から24、受けたことがある場合はLv.25から100の2段階に分けています。今までのテキストにはなかった思考力の見出しや確認テストを新たに設けることで、中学校受験だけではなく、その後の人生にも役立つ思考力を確実に伸ばします。

ゲームでは、競争心を養い、先を見通し戦略をたて、勝利を掴むことの楽しさを伝えます。内容は、ビンゴや「数の将棋」、「慣用句かるた」など思考力を養うのに最適な内容を厳選。今年の夏に行った「数の将棋」大会では、一人ひとりの思考力が試される個人の部と、チーム力が試される3人で一グループでのチーム戦を行いました。

■会社概要:株式会社やる気スイッチグループホールディングス
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、 バイリンガル幼稚園「キッズデュオインターナショナル(Kids Duo International)」などを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外で1,600以上の教室・ラボを展開し、7万人以上の子どもたちの学びをサポートしています。

一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援しています。

www.yarukiswitch.jp/

■ブランド概要:知能育成(知育)と受験対策の幼児教室 チャイルド・アイズ
チャイルド・アイズは、豊かな創造性や柔軟な思考を育てるための、1歳半から小学6年生を対象にした知能育成(知育)と受験対策の幼児教室です。全国に100以上の教室を展開するチャイルド・アイズでは、知能教育学と幼児心理学をもとに、「考える遊び」を通じて記号(おと・いろ・かず)・図形(かたち・空間)・概念(ことば・ことばの意味)を学び、バランスのよい脳の成長を促します。

また、「受け入れる」「考える」「表現する」という一連のプロセスをレッスンを通じて体験することで、将来の成長に向けた大きな力となる思考力を育みます。知能育成コースのほか、小学校受験・中学校受験の受験対策コースでは専門スタッフが徹底分析した志望校別カリキュラムを提供し、多くの合格実績を残しています。

www.childeyes.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やる気スイッチグループ >
  3. ゲームで思考力が伸びる!?「慣用句」と「かるた」の組み合わせでお子さまの思考力を鍛える「慣用句かるた」決勝大会開催 2019年1月14日(祝・月)10:00~14:30@中野サンプラザ