日本初のIOTサウナが日本一の山の麓に誕生!

富士山の麓に日本ではじめてとなる「IOTサウナ」が誕生!

お風呂に関わるECサイトの運営や企画・研究・開発を行っているバスリエ株式会社(本社:千葉県我孫子市、代表取締役:松永武)はサウナ施設にIOT技術を取り入れた日本初の「IOTサウナ」が誕生したことを発表。
■IOTサウナの概要
・サウナの電源・温度・湿度・照明・音響・映像などの管理
・シーンごとのシナリオ管理
・水風呂の給排水管理
・施設内の照明設備の管理
・施設内の音響設備の管理
・施設内の映像の管理
・施設内の防犯カメラの管理
・施設内のカーテンなどの動作管理
 

 

 


■背景
バスリエ株式会社では、さまざまな業界でIOT化が進む中、温泉を含む温浴業界にもIOT活用の必要性や可能性を感じてきました。しかしIOTがどれほど今後のお風呂文化の発展に貢献していくかが未知数であったため自社運営のサウナ施設を開業し新たなチャレンジの一環としてIOTサウナの導入に踏み切りました。

IOTサウナの目的は3つあります。
1つ目は、IOTを活用することで無駄なエネルギー消費を抑えること。
これは、自然エネルギーや自然の恵みであっても無駄にしない!そんな「未来に向けた温浴施設の在り方」を提案したい思いがあります。
またIOT管理がどれだけコストを削減できるか実証することで業界での取り組みにも変化が生まれると考えたからです。

2つ目は、そもそも温泉やサウナなどの温浴施設にIOTが必要なのか?を検証するためです。心身に対する体感や環境への配慮、快適性の検証、医学的な実証などに取り組みたいと考えています。

3つ目は、IOTによる、お風呂文化の活性化。
現在、IOTを活用しているサウナ施設は国内にありません。しかし、私たちの取り組みがキッカケとなり施設へのIOT導入を検討する企業が増えればサウナの未来は今より「一歩」進むと考えています。またサウナ文化が高まることで、同様の温泉やお風呂文化の活性化にも繋がると確信しています。

■実現への道のり
IOTサウナの実現にはSUMAMO株式会社さんの協力なしでは実現しませんでした。
SUMAMO株式会社さんは「モノをつなぐ、人をつなぐ。」をコンセプトに「スマートホーム」や「スマート施設」の総括的なソリューションを提供されています。
高い技術力はもちろん、新しいことにチャレンジする精神と対応力でプロジェクトを進めていただきました。

SUMAMO株式会社HP
https://sumamo.co.jp/
 



■施設情報
Thermal Climb Studio Fuji(サーマルクライムスタジオ富士)
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山2255番地3644
連絡先:saunaclub37@gmail.com
詳しくはサウナ倶楽部オフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.sauna-club.jp/
 

 

 


■会社概要
会社名 :バスリエ株式会社
代表者 :代表取締役 松永 武

 

設 立 :2008年8月1日
所在地 :270-1176 千葉県我孫子市柴崎台1-7-20 BATHLIER
TEL :04-7183-3252
FAX :04-7182-2937
URL :https://www.bathlier.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バスリエ >
  3. 日本初のIOTサウナが日本一の山の麓に誕生!