2021年第3四半期(7月~9月)のハイパーカジュアルゲームのダウンロード数が過去最高の約36億ダウンロードに到達 (App Annie調べ)

 アプリ市場データプラットフォームを提供するApp Annie Japan 株式会社(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Ted Krantz)は本日、 『トップパフォーマーが実装するモバイル戦略とフィーチャーロードマップ:マネタイズ、エンゲージメント、ユーザー利用率に関する詳細なジャンル分析』を公開いたしました。本レポートでは、世界のゲームアプリの市場状況や競合分析ができる分析ツール「App Annie Game IQ」を活用して、総ダウンロード数、消費者支出、エンゲージメントなど、モバイルゲーム市場における貴重な指標を提供しています。
 モバイルゲームは、2021年末までに消費者支出額が1,200億ドルを超えると言われています。 2021年第3四半期(7月~9月)には、iOSとGoogle Playで約143億もの新しいゲームが消費者によりダウンロードされています。その約4分の1(約36億ダウンロード)をハイパーカジュアルゲームが占めており、過去最高のダウンロード数を記録しました。

 また、本レポートでは、ハイパーカジュアルゲームの最新動向ならびに、市場を圧巻したその他の5つのサブジャンルについても紹介しています。
  • ランニングアクション- アクションゲームの中でダウンロード数が第1位のサブジャンル
  • 4Xマーチバトル戦略- 消費者支出が第1位(全世界で24億ドル)のゲームのサブジャンル(全体の10%)
  • M3-メタ(マッチ)- マッチゲームの中でダウンロード数が第1位のサブジャンル
  • スロット - 消費者支出(14億ドル)でカジノゲームの中で第1位のサブジャンル(全体の6.1%) 
  • 対戦型レーシング- 消費者支出が第1位のレーシングサブジャンル

 App Annieのモバイルインサイト責任者レキシー・シドー氏は次のようにコメントしています。「App Storeにおけるモバイルゲームへの支出は衰えを知りません。飛躍的な成長を遂げるモバイルゲームの開発には、マネタイズ、エンゲージメント、プレイヤーの利用率に焦点を当てることが重要です。下記は2021年で特に目立ったマネタイズ、エンゲージメントと利用率に関するポイントです。
 
  • カスタマイズされたアプリ内課金や、ピギーバンクなどの機能で高い収益性を実現。 
  • タスクシステムや、定時間空けると報酬がもらえる(回復やポイント)などの機能によりエンゲージメントが向上
  • アプリ内でのコレクションやストーリー性のあるコンテンツなどの機能により、高い利用率を維持
 
シドー氏は、「どの機能がユーザーを惹きつけるのかや、なぜそれが惹きつけるのかなどを把握することは、トレンド変化が早いゲーム市場で成功するために極めて重要です。App Annieは、この問題を解決するためにGame IQを構築しました。本レポートでは、これらのインサイトを利用してより良いゲームを構築する方法を解説しています」 と述べています。

 こちらのブログよりレポートをダウンロードできますのでぜひご覧ください。 
https://www.appannie.com/jp/go/create-a-winning-mobile-gaming-strategy/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. App Annie Japan 株式会社 >
  3. 2021年第3四半期(7月~9月)のハイパーカジュアルゲームのダウンロード数が過去最高の約36億ダウンロードに到達 (App Annie調べ)