2014年本屋大賞第2位『昨夜のカレー、明日のパン』から5年、木皿泉の小説第2作『さざなみのよる』発売!

累計36万部のベストセラー、木皿泉の小説デビュー作『昨夜のカレー、明日のパン』から5年ぶり、待望の小説第2作『さざなみのよる』発売。


「すいか」「野ブタ。をプロデュース」「Q10」などTVドラマの脚本で知られる木皿泉の小説デビュー作『昨夜のカレー、明日のパン』は、2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞ノミネート、NHK BSプレミアムにて連続ドラマ化されるなど話題となり、累計36万部のベストセラーとなりました。
この度、5年ぶり、待望の小説第2作『さざなみのよる』を、河出書房新社(東京都渋谷区 代表取締役社長 小野寺優)より発売いたします。

命のまばゆいきらめきを描く本作品に、早くも感動の声が続々と集まっています。
そのほか、200人以上の書店・出版関係者から寄せられた感動のコメントを、『さざなみのよる』特設サイトに全文掲載しております。
http://www.kawade.co.jp/sazanami/


【書籍情報】
書名:さざなみのよる
著者名:木皿泉
発売日:2018年4月18日
本体価格1400円(税別)
ISBN 9784309025254/体裁:46判/224頁
装画:荒井良二
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025254/

 
【内容紹介】
小国ナスミ、享年43。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちた雫の波紋のように、家族や友人、知人へと広がっていく。命のまばゆいきらめきを描く著者5年ぶりの感動と祝福の物語!
 

 


【著者プロフィール】木皿泉(きざら・いずみ)
夫婦脚本家。テレビドラマ「すいか」で向田邦子賞受賞。他のテレビドラマに、「野ブタ。をプロデュース」、「Q10」など。初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、のちに自身の脚本で連続ドラマ化もされた。ラジオドラマ、舞台脚本などでも活躍。他の著書に、エッセイ集『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』など。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 2014年本屋大賞第2位『昨夜のカレー、明日のパン』から5年、木皿泉の小説第2作『さざなみのよる』発売!