2021年のモバイルアプリの総消費支出が、過去最高の約1,350億ドル(約15兆円)に到達

アプリ市場データプラットフォームを提供するApp Annie Japan 株式会社(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Ted Krantz)は本日、iOSとGoogle Playにおける2021年の総消費支出が前年比で約25%増加し、過去最高の約1,350億ドル(約15兆円)に達したことを発表しました。また、ダウンロード数も前年比で 8% 増加し、約1,400億ダウンロードに達しました。 本リリースでは、過去12ヶ月間で最も大きな成長を記録したアプリについても深く掘り下げて紹介します。
2021年には動画共有および動画編集アプリ が世界的に最も成長
  • オリジナルの動画コンテンツを編集・作成するユーザーが増加し、CapCutやMX TakaTak、Mojのダウンロード数が最大の伸び率を示しました。  
  • 消費支出を牽引したのは、YouTube、Disney+、TikTok、Twitchなどのライブストリーミングアプリおよびコンテンツストリーミングアプリとなり、コンテンツを楽しみながら、お気に入りのライブストリーマーに報酬を与えことができるアプリの人気が高まりました。
  • 在宅勤務やハイブリッドなビジネスモデルが主流となる中、Zoom、Microsoft Office、Teamsなどのビジネスアプリの利用が大きく増加し、成長を牽引しました。 


ハイパーカジュアルゲームが、ゲームアプリのダウンロード数首位を占める結果に 
  • Bridge RaceやHair Challenge、Project Makeoverといったハイパーカジュアルゲームがゲームアプリのダウンロード数を席巻しました。
  • アプリ内課金に牽引されて、コアゲームが消費支出額ランキングの上位を占めました。中でも最大の伸び率を示したのは、原神とROBLOXです。
  • ユーザーが、リアルあるいはバーチャルに交流することができる、Roblox、AmongUS、Pokemon Uniteなどのゲームがユーザー数を大幅に増やしました。 

App Annieのモバイルインサイト責任者レキシー・シドー氏は次のようにコメントしています。
「この時期の大きな収穫のひとつは、世界の人々がモバイルを生活に取り入れ、パンデミックに適応したことが、この時期の大きな成長を生み出した要因であると言えます。特に好調だったのが、バーチャルとリアルの両方で人と人との距離を縮めることができるカテゴリのアプリでした。」

SNSアプリとマッチングアプリも大きく成長 
  • SNSアプリの消費支出増加を世界的に牽引したのはTikTokとなり、BIGO LIVEとDiscordがそれに続きました。その他、LikeeやAzarなどの動画アプリが大きく成長しました。 
  • マッチングアプリでは、Tinderの消費支出が全世界でトップの伸び率となりました。生涯消費支出が10億ドル(約1,138億円)を突破したばかりのBumbleと、最近消費支出が2億5000万ポンド(約375億円)を突破したHingeが、それに続く結果となりました。

レポート全文はこちらのブログをご覧ください。 
https://www.appannie.com/jp/insights/market-data/2021-end-year-mobile-apps-recap/

App Annieについて
App Annieは、全世界の⽣活者理解、またモバイル戦略の⾼度化に役⽴つモバイル市場データと分析プラットフォームを提供しています。App Annieのデータサイエンス能力は他に類を見ないものであり、人工知能によるモデルから推定値やインサイトを導き出す唯一のデータプロバイダーです。2010年、業界で初のモバイル市場データプラットフォームを提供する企業として設立、「モバイルの力をすべての企業に」をミッションとし、あらゆる業界の経営戦略、マーケティング、新規事業開発などにおいて、1,200社を超える著名企業が活⽤しています。米・サンフランシスコに本社を置き、日本を含む世界12都市で事業を展開しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. App Annie Japan 株式会社 >
  3. 2021年のモバイルアプリの総消費支出が、過去最高の約1,350億ドル(約15兆円)に到達