「キリマンジャロ イロンバ」を4月19日(金)より発売

タンザニア南部で採れた、タリーズのキリマンジャロコーヒー

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林義雄、以下:タリーズコーヒー)は、季節限定コーヒー豆「キリマンジャロ イロンバ」を4月19日(金)より発売します。

 

アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山の麓に広がる山岳地帯で栽培されるキリマンジャロコーヒーは、アフリカを代表するコーヒーの銘柄として知られ、タリーズコーヒーでは毎年春に、その中でも特にユニークな味わいをもつ、厳選したキリマンジャロコーヒーをお届けしています。

2016年よりケニア国境近くにある北部タリメエリアのコーヒーをご紹介してまいりましたが、今回お届けするのはタンザニア南部に位置するソングェエリアで収穫され、イロンバ精製工場で精製されたコーヒーです。約250の小農家が作り出す上質なキリマンジャロコーヒーは、爽やかで明るい酸味が心地よい味わいです。フローラル、シトラスを感じる爽やかなアロマ、チョコレートを思わせる風味が特徴で、後味に残るカラメルのような甘さをお楽しみいただけます。

<商品名・価格>

「キリマンジャロ イロンバ」
1,230円 (200g/1袋)

【原産地】タンザニア南部 ソングェエリア
※イロンバは精製工場の名前です。
【味わいを表すキーワード】
Floral(花のような)、Caramel(カラメルのような)、Bright(明るい)
パッケージには、タンザニアに生息するヒョウを、アフリカ伝統の絵画技法「ティンガティンガ」風に力強く描きました。



タリーズコーヒーでは、ユニークで際立った特徴を持つコーヒー豆を担当者が実際のカッピングによる評価で選び抜き、国内で焙煎しています。お客様にはコーヒー豆それぞれの特徴をお楽しみいただけるよう、レギュラー/シーズナルビーンズのコーヒー豆の中から日替わりで「本日のコーヒー」をご提供しています。それぞれに個性豊かな味わいの中から、お客様のお気に入りのビーンズを見つけ出していただくお手伝いができるよう、これからもご提案を続けてまいります。
今回発売の「キリマンジャロ イロンバ」は、コーヒー豆での販売のほか、下記日程で「本日のコーヒー」としてご提供いたします。この時季だけの味わいを、ぜひご体験ください。

【「キリマンジャロ イロンバ」「本日のコーヒー」での提供日】
4月19日(金)、26日(金)、27日(土)、
※ご利用時間、店舗により、コーヒー豆の種類が変わる場合がございます。
 



※価格は全て税込みです。
※一部取扱いをしていない店舗がございます。

<プレスリリース>
https://prtimes.jp/a/?f=d20545-20190418-3141.pdf


この件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先:タリーズコーヒージャパン株式会社 お客様相談室
TEL:03-3268-8320 受付時間 月~金曜日10:00-17:00(祝日を除く)
ホームページ:www.tullys.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タリーズコーヒージャパン株式会社 >
  3. 「キリマンジャロ イロンバ」を4月19日(金)より発売