グリー、ゲーム事業を強化

~「WFS」「ポケラボ」「グリーエンターテインメント」の3社体制に~

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)は、ゲーム事業の強化を目的に、すでに事業展開をおこなっている株式会社WFS、株式会社ポケラボに加え、新たにグリーエンターテインメント株式会社を設立し、ゲーム事業を3社体制にすることをお知らせします。


グリーエンターテインメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小竹讃久)は、2021年7月1日付でファンプレックス株式会社から商号変更し、グリー本体のゲーム事業とライセンス事業を吸収分割により承継します。

グリーでは、グループ企業の株式会社WFSや株式会社ポケラボでのゲームの開発・運営に加え、グリー本体においても「ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト」などのゲーム事業およびライセンス事業を行ってきました。
グリーエンターテインメント株式会社では、グリー本体の両事業を承継し、ゲーム開発やラインセンス事業のノウハウと、ファンプレックス株式会社が持つ運営知識や経験を融合させることで、ユニークで新しいゲーム体験を創造していきます。

なお、「釣り★スタ」などを提供しているGREE事業につきましてはグリーが引き続き運営を行っていきます。


今後、グリーグループでは株式会社WFSと株式会社ポケラボとグリーエンターテインメント株式会社の3社体制で「エンジン×IP×グローバル」の戦略を加速していきます。





<株式会社WFSの概要>
コンテンツ事業、ソリューション事業、プラットフォーム事業を中心に、「新しい驚きを、世界中の人へ。」届けるテクノロジー企業。コンテンツ事業では、主にスマホアプリゲームの開発を行い、2014年に「消滅都市」をリリース。その後も「アナザーエデン 時空を超える猫」や「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか〜メモリア・フレーゼ〜」などヒットタイトルを生み出し、海外展開も積極的に行っています。


<株式会社ポケラボの概要>
2007年の創業以来モバイルゲームの開発/運用に特化し、“ソーシャルアプリで世界と人を変える”というミッションのもと、「SINoALICE」「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」などモバイルソーシャルアプリの企画・開発・運営を展開しています。


<グリーエンターテインメント株式会社概要>
会社名 グリーエンターテインメント株式会社
代表者 小竹 讃久
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容 ゲームの開発・運営
ライセンス事業
資本金 3億1000万円
株主 グリー株式会社(100%子会社)

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グリー株式会社 >
  3. グリー、ゲーム事業を強化