都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる「XRscape」提供開始

〜 5GやXRで実空間を拡張、都市全体を活用したプロモーションが容易に ~

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(東京都新宿区・代表取締役 山口征浩)と、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は2022年2月1日から、5GやVPSなどのXR技術で実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる空間のメディア化ソリューション「XRscape(エックスアールスケープ)」の提供を開始します。

広告主となる企業やイベント主催者は「XRscape」により、都市空間にバーチャル広告やコンテンツを自由に設置でき、都市全体を活用したプロモーションなどを容易に実施できるようになります。

都市空間には古くから屋外広告や看板などが数多く設置され、都市そのものが1つのメディアとして生活者に情報を提供してきました。近年、広告を随時切り替えできるデジタルサイネージなどの設置も一部で進んでいますが、広告の設置場所そのものには物理的な制約があることに加え、既に広告が設置されている都市空間全体を活用したプロモーションなどの実施は困難です。

「XRscape」は、バーチャル広告やコンテンツを実在の都市空間に自由に重ねて設置できることに加え、都市の回遊性を高めるARスタンプラリーなども簡単に実施でき、都市全体を大規模なプロモーションなどに活用できるようになります。
また、お客さまは、KDDIのXRアプリ「SATCH X powered by STYLY(以下 SATCH X)」を起動し、スマートフォンを都市空間にかざすだけで、簡単にコンテンツを体験することができます。

なお、KDDIとPsychic VR Labは、株式会社パルコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員:牧山 浩三)とともに、スタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞(ムゲン)の翼 2021」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO 1階「NAKASHIBU STREET」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設としました。また、都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市で対応しており、今後全国の都市や施設に拡大していきます。
 

           <イベント「NEWVIEW FEST 2021」での利用イメージ>

KDDIとPsychic VR Labは、「XRscape」を通じた実在の都市空間の拡張を推進し、都市空間の価値向上およびリアルとバーチャルが融合したお客さま体験の提供を目指します。

 
  • 「XRscape」について
1. 概要
(1)特徴
・「XRscape」は、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(https://shibuya5g.org/)」での活動や実証実験を通じた知見を踏まえ、実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツなどを自由に配置・配信できる空間のメディア化ソリューションです。

・XRクリエイティブツール「STYLY Studio」を使い、都市空間に重ねるAR/MRコンテンツを簡単に制作、管理、配信が可能です。利用者は「SATCH X」を使いスマートフォンをかざすことで、実在の空間にコンテンツを重ね合わせる「XRのある風景(XRscape)」に簡単にアクセスできるようになります。

(2)想定ユースケース
①AR/MRコンテンツ配信
・「XRscape」の対応場所において、空間上のさまざまな場所にコンテンツを配置し、その空間全体をジャックすることができます。コンテンツは静的なものだけではなく、ゲームなどのインタラクティブコンテンツにも対応しています。
・「XRscape」では、コンテンツの制作から実施場所の使用許諾の取得までワンストップで行うことができ、空間に合わせたコンテンツを簡単に配信することができます。

②デジタル広告配信
屋外広告やデジタルサイネージなどの物理的な設置枠に関係なく、空間に自社の広告を配信することができます。既存の屋外広告枠と合わせて配信することで、お客さまへの訴求を強化することができます。

③回遊型ARスタンプラリー
対応スポットに複数のAR/MRコンテンツを配置し、施設内や都市を回遊しながらお客さまに楽しんでいただけるプロモーション施策を簡単に実施することができます。

④キャラクターグリーティング
IPキャラクターを3Dモデルで特定の場所に出現させ、お客さまにはキャラクターと一緒に写真を撮る体験や、お客さまの行動に合わせてキャラクターが反応するなどのインタラクティブな体験を提供できます。

(3)対応エリア(2022年2月時点)
①空間のメディア化対応施設
・渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」


・渋谷PARCO 10階「ROOFTOP PARK」


②都市空間
東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市

2. 提供料金
個別見積もりとなりますので、下記からお問い合わせください。

3. お問い合わせ
「XRscape」の導入のご相談や、提携都市・施設への参画をご希望の場合、こちら(https://x.satch.jp/)に記載の「法人お問い合わせ」からお問い合わせください。

(参考)
■Psychic VR Lab(https://psychic-vr-lab.com/)について

ブラウザだけでXR空間を構築し、配信を行うことができるリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を展開しています。すべてのアーティストがXR空間を作ることができる世界を作ることをミッションに、アート・ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのXR化を推進しています。

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」
https://styly.cc/ja/news/real-metaverse-platform-styly/

なおPsychic VR Labは、2021年2月8日に、有望なベンチャー企業との新たな事業共創を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社)から出資されました。
https://www.kddi.com/open-innovation-program/news/2021/0226/

■「SATCH X」について

KDDI総合研究所による大規模画像認識エンジン(SIRE)を活用した画像認識によるARコンテンツ表示機能、QRコードリーダー機能に加え、マーカーレスの空間認識によるXRコンテンツ表示機能、一般のクリエイターが制作したXRコンテンツを表示できる機能を持った5G・XRビューワーアプリです。

■「NEWVIEW FEST 2021」について
「NEWVIEW FEST 2021」は、渋谷PARCOでのリアル会場とSTYLYで制作したバーチャル会場の両フィールドで同時展開するリアルメタバースのコンセプトに則ったオンライン・オフライン複合型イベントです。「XRscape」で実現する「空間のメディア化」も体験することができます。
詳細はこちら(https://newview.design/fest2021/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Psychic VR Lab >
  3. 都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる「XRscape」提供開始