mama+(ママタス )、2143人のママに「育児と動画」に関する調査を実施!97%のママが、育児の際に動画に「助けられている」と回答

C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮)が運営するママ向け動画メディア『mama+(ママタス)』(https://www.mamatas.net/)は「動画と育児」についてのアンケートを実施しましたので、その結果を一部抜粋してご報告いたします。
  • 調査結果トピックス
●97%のママが育児をする上でYouTubeなどの動画に「助けられている」と回答

●お子様の一日あたりの動画平均視聴時間は15分以内が最も多い

●お子様を撮影した動画を投稿する際のSNSは「Instagram」が一番人気
  • 調査概要と回答者プロフィール
・調査対象者
全国の『mama+(ママタス)』をご覧いただいているママ
・調査方法
インターネットアンケート調査
・調査期間
2019年1月19日(火)〜2019年2月12日(火)
・回収数
2143件

  • 動画と育児に関して


1, 「日常的にお子様をあやすため、もしくは遊び道具として動画を見せることはありますか?」 
日常的にお子様に動画を見せているかを聞いたところ、「はい」と回答した方は62%。「いいえ」と回答した方は36.3%でした。

2, 「[動画を見せると回答した方]お子様の1日あたりの平均視聴時間を教えて下さい。」 
お子様の1日あたりの動画平均視聴時間は「15分以内」が1位で29.8%でした。2位は「30分以内」で21.7%、3位は「1時間以内」で23.7%。大きく差を開けて4位が「把握していない」で6.1%、5位が「2時間以内」で5.4%という結果でした。

3, 「[動画を見せると回答した方]お子様に動画を見せる時はどのタブレットで見せていますか?」
お子様がどのタブレットを使って動画を見ているかを聞きました。1位は「スマートフォン」で51.8%、2位は「ipad」が21.8%、3位は「テレビをつなげて」が19.6%でした。大きく差を開けて4位は「PC」で4.3%
でした。「その他」の回答では「Androidタブレット」や「ゲーム機」の回答があがりました。

4, 「[動画を見せると回答した方]育児をする上で「動画」に助けられたと思う瞬間はありますか?」
「はい」と回答したママが97.1%。「いいえ」と回答したママが2.3%でした。 「その他」の回答では「まだ子どもが小さくてわからない」、「助けられているようないないような」といった回答がありました。

5, 「[動画を見せると回答した方]お子様に動画を見せることに罪悪感を感じることはありますか?」
お子様に動画を見せることに対しての罪悪感の有無を聞きました。「はい」と回答したママが56.1%。「いいえ」と回答したママが41.0%でした。「その他」の回答では「罪悪感はあるけど家事をする時はとても助かっている」、「そこまで気にしていないが成長と共に気をつけたい」といった回答がありました。

6, 「[動画を見せると回答した方]実際にお子様がみている動画はどのようなものですか?」
お子様が見てる動画を具体的に聞いてみたところ、1位は「 YouTubeなど →キッズユーチューバーもの(おもちゃ紹介など)」で693人でした。2位は「YouTubeなど →TVアニメ番組(アンパンマン、ドラえもん、プリキュア、等)」が531人。3位は「YouTubeなど →子ども向けYouTube番組(のってん等、大人のユーチューバーがが子ども向けにおもちゃ紹介しているいるもの)」が507人。またランキング外では、6位に「YouTubeなど →子ども向け映画(アンパンマンなどのアニメ)」、7位に「YouTubeなど →人気ユーチューバー番組(ヒカキン等、大人にも人気の動画)」と続きました。

7, 「[動画を見せないと回答した方]動画を見せない理由があれば教えて下さい。」
動画をお子様に見せていない方に理由を聞きました。最も多かった回答は「動画を見ることに依存されたくないから」で42%。2位は「目が悪くなる可能性がある」で26.3%。3位は「教育方針」で14.7%。その他、「まだ子どもが小さくて理解できないから」「親子のコミュニケーションが減るのが嫌」といった回答もあがりました。
  • ママご自身のSNS利用に関して

8,「ご自身のSNS投稿に関して当てはまるのもを全てお選びください。」
ママご自身のSNS投稿に関して聞きました。1位は「写真も動画も同じように投稿している」で36.9%。2位は「投稿は写真だけでいい」で21.8%。3位が「動画は少ししていてもっと増えそう」で14.5%。僅差の4位が「動画も写真も投稿はしない」で13.2%。5位は「まだ動画は投稿していないがこれからしたい」で10.9%でした。

9, 「ご自身のお子様を撮影した動画をSNS等に投稿されたことはありますか?」
お子様を撮影した動画をSNSに投稿したことがあるかを聞いたところ、「はい」と答えた方が60.5%、「いいえ」と回答した方が38.9%でした。「その他」の回答では「投稿はしているが顔を隠して投稿している」といった声があがりました。

10, 「[Q9ではいと回答した方]お子様の動画を投稿したことのあるSNSをお選びください。 」
お子様の動画をどのSNSに投稿しているかを聞きました。また投稿した場合にそのアカウントが「公開」だったか「非公開」だったのかも聞きました。SNS別でみますと「Instagram」が圧倒的に多く48%。2位は「Facebook」で18%。3位は「LINE」で16.5%。4位は「Twitter」で13.5%。5位は「TikTok」で2.7%でした。どのSNSにおいてもアカウントを「非公開」にしてお子様の動画を投稿している方が多くいらっしゃいました。

11, 「SNS〝閲覧〟に関して当てはまるものをお選び下さい。」
SNSの閲覧に関して写真と動画どちらの方が好まれているかを聞きました。1位が「どちらも同じ」で55%。2位が「写真の方が好き」で35.3%。3位が「動画の方が好き」で7.7%でした。

当調査結果はmama+(ママタス )のサイト上で動画でもご確認頂けます。
▶︎https://www.instagram.com/p/BvIj8p_By1u/
 
  • 「mama+」原田編集長からの一言
今回の調査では3人に2人が日常的に子どもに動画を見せていて、この割合は2歳以下でも5歳以上でもほぼ同じ。年齢が上がると解禁されるわけではなく、家庭の方針によって二分しています。唯一、年齢による違いが出たのは見ている長さ。2歳以下では15分以内が最も多く、5歳以上では30分〜1時間がボリュームゾーンでした。見せることに罪悪感を感じるという回答は6割でしたが、15分程度見せることにも罪悪感を感じている日本のママは、なんて真面目なのでしょうか。コンテンツはユーチューバーによるおもちゃ紹介が人気で、次に教育番組やアニメをテレビ代わりに見せている家が多いようです。
  • mama+(ママタス)のコンセプト
[らくちんも、きちんとも。がんばり過ぎずに子育てを楽しむ1分動画マガジン]

ママの「きちんとしたい」気持ちに寄り添いながら信頼のおける情報をママ目線で提供。家事も育児も、自分らしいバランスで。がんばりすぎている現代のママに、確かな情報と新しい価値観を提供する5G時代を見据えた動画メディアです。
  • 公式SNS・WEB
SNS
■Instagram:https://www.instagram.com/mamatastv/
■Facebook:https://www.facebook.com/mamatastv/
■Twitter:https://twitter.com/mamatastv
■YouTube:https://www.youtube.com/c/mamatastv
■LINE@(友だち登録):https://line.me/R/ti/p/%40bcn8841c
■Pinterest:https://www.pinterest.jp/mamatastv/

WEB
■WEB:https://www.mamatas.net/


【会社概要】
社名:C Channel株式会社
URL:https://corp.cchan.tv/
設立:2015年4月
代表者:代表取締役社長 森川亮

【報道関係の皆様からの問い合わせ先】
C Channel株式会社 広報担当 福永
TEL:03-6453-6893  
FAX:03-6453-6894  
Email:info@cchan.tv
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. C Channel株式会社 >
  3. mama+(ママタス )、2143人のママに「育児と動画」に関する調査を実施!97%のママが、育児の際に動画に「助けられている」と回答