大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参画

auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会(以下、博覧会協会)が主催する2025年大阪・関西万博(以下大阪・関西万博)に向けた「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジ(以下、共創チャレンジ)に2020年12月より参画したことをお知らせします。
「TEAM EXPO 2025」プログラム(https://www.expo2025.or.jp/team/)は、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現し、SDGsの達成に貢献するために、さまざまな参加者が主体となって、万博とその未来に挑む参加型プログラムです。共創チャレンジはこの「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現するため、自らが主体となって未来に向けて行動を起こしている、または行動を起こそうとしているチームの活動です。


auじぶん銀行は、2019年の子ども虐待のない社会の実現を目指す市民運動である「オレンジリボン運動」への賛同を皮切りに、SDGsの取り組みを開始し、2020年9月に「auじぶん銀行 SDGs宣言(https://www.jibunbank.co.jp/sdgs/)」を行いました。
人生100年時代を豊かに過ごせる「未来を創る」ことを目指して、2020年10月には、昔ばなしに金融要素を盛り込み、可愛いキャラクターとともに金融の基礎知識が学べる動画学習コンテンツ「auじぶん銀行劇場 金融昔ばなし(https://www.jibunbank.co.jp/sdgs/mukasi_banashi/)」(以下 本動画)を公開しました。さらに、本動画を教材とした金融教育(お金の授業)を行うなど、子どもたちに向けて金融をより楽しく、身近に感じてもらえるよう積極的に活動しています。
大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に共感し、同じ未来を目指す企業・団体のみなさまとの新たな出会い・取り組みにより、誰一人として取り残さない2030年の「未来を創る」ために、共創チャレンジを進めていきます。

auフィナンシャルグループのauじぶん銀行は、『じぶんのいる場所が、行く場所が、ぜんぶ銀行になる。そういうスマホの自由さ、便利さを銀行にも。』という思いを込めて「銀行を連れて、生きていこう。」というブランドメッセージを掲げるとともに、社会の持続的な成長に貢献する会社を目指し、社会貢献活動にも取り組んでいきます。

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. auじぶん銀行 >
  3. 大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジに参画