より安全・安心で より良質な新鮮野菜をモットーに 農業生産事業で埼玉県(宮代町)に進出します!!

 株式会社モンテローザ(本社 東京都武蔵野市、代表取締役 大神輝博)の100%出資子会社である有限会社モンテローザファーム(本店 東京都武蔵野市、代表取締役 大神輝博)は、平成29年11月16日に埼玉県南埼玉郡宮代町と農業経営参入に関する協定を締結しました。

 平成29年12月から、同町東粂原などの農地(約2.3ヘクタール。将来的には10ヘクタール以上に拡大予定。)を賃借して、「水菜」や「リーフレタス」などの葉物野菜を中心に栽培を開始します。これらの野菜は、主に関東地域の当社グループの「白木屋」「魚民」「笑笑」「千年の宴」などの店舖に供給予定で、農場は有機JAS認定を取得する計画です。

 

〔新井康之町長(左) 大神輝博会長兼社長(右)〕

 同社は、すでに茨城県牛久市、山梨県南都留郡忍野村および兵庫県姫路市の農場で、葉物野菜などを栽培しています。牛久市・忍野村の農場は、「有機JAS認定」を取得済みで、姫路市の農場でも「有機JAS認定」の取得に向け取り組んでいます。
 その他、秋田県大館市の農場では、本年4月に地元業者と業務提携し、「あきたこまち」の生産を開始しています。
 さらに、同社では農業生産事業に加え、鹿児島県(阿久根市・出水市)および大分県(豊後高田市)で養鶏事業を経営。鹿児島県の2か所の養鶏場では、「JAS地鶏肉認定」を取得し、自社ブランドの地鶏を「山内農場」などの当社グループの店舗を供給しています。

 当社グループは、自らが農業や養鶏などの食材の生産に携わることで、より安全・安心で高品質なお料理を、よりリーズナブルな価格でお客様にご提供したいと考えており、今後も事業の拡大を検討してまいります。

【 有限会社モンテローザファームについて 】

本店所在地:東京都武蔵野市中町一丁目17番3号
  代表者:代表取締役会長 大神 輝博(株式会社モンテローザ 代表取締役会長兼社長)
      代表取締役社長 大神 正平 (株式会社モンテローザ 常務取締役)
   設立:平成15年(2003年)10月
  資本金:75百万円 ( 株式会社モンテローザ100%出資 )
 事業内容:農業事業( 有機野菜、慣行野菜および「あきたこまち」の生産・販売 )
      養鶏事業( JAS認定地鶏の生産・販売、鶏肉の生産・販売 )

農   場
 牛久農場(茨城県牛久市)(約2.7ha)
 忍野村農場(山梨県南都留郡忍野村)(約4.9ha)
 姫路農場(兵庫県姫路市)(約4ha)
 秋田大館水稲農場(秋田県大館市)(約18ha)

養 鶏 場
 阿久根養鶏場(鹿児島県阿久根市)( 鶏舎3棟・6.2万羽 / 年 )
 上場高原養鶏場(鹿児島県出水市)( 鶏舎3棟・3.8万羽 / 年 )
 大分第一養鶏場(大分県豊後高田市)(鶏舎5棟)
 大分第二養鶏場(大分県豊後高田市)(鶏舎3棟)
  ( 第一、第二合計 鶏舎8棟・21.4万羽 / 年 )

≪ 主な出来事 ≫
平成15年10月 農業研修事業として有限会社モンテローザファームを設立
平成20年10月 茨城県牛久市で農業生産事業を開始
平成22年12月 茨城県牛久市の農場で有機JAS認定を取得
平成24年 2 月 山梨県南都留郡忍野村で農業生産事業を開始
平成25年 6 月 鹿児島県阿久根市で養鶏事業を開始
       ( 自社ブランド地鶏「薩摩山内地どり」の生産開始 )
平成25年 7 月 山梨県南都留郡忍野村の農場で有機JAS認定を取得
平成26年 9 月 阿久根市の養鶏場で「薩摩山内地どり」のJAS地鶏肉認定を取得
平成26年10月 鹿児島県出水市で養鶏事業を開始。同養鶏場で「薩摩山内地どり」のJAS地鶏肉認定を取得
平成28年 2 月 大分県豊後高田市で養鶏事業を開始(第一養鶏場)
平成28年 6 月 兵庫県姫路市で農業事業を開始
平成28年12月 大分県豊後高田市の第二養鶏場で生産を開始
平成29年 4 月 秋田県大館市で水稲事業の共同栽培を開始
平成29年12月(予定)埼玉県南埼玉郡宮代町で農業事業を開始

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モンテローザ >
  3. より安全・安心で より良質な新鮮野菜をモットーに 農業生産事業で埼玉県(宮代町)に進出します!!