​akippaが大阪府住宅供給公社の駐車場、80団地1400台の貸し出しを開始

〜訪問介護における駐車場不足解消を目指して〜

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、大阪府住宅供給公社(理事長:堤 勇二)の管理・所有する団地駐車場のうち、80団地1400台の貸し出しを、訪問介護・看護や団地への来訪者等の駐車スペースとして利用することを目的に、2018年11月17日に開始いたします。
 


内閣府の発表※によると、介護保険制度における要介護または要支援の認定を受けた人は2014年度で591.8万人となっており、2003年度の370.4万人と比較して、10年で約1.6倍に増加しております。
特に団地入居者の高齢化は進んでおり、団地における訪問介護等の利用は今後増えることが予想されます。

しかし、公社では一部の団地を除き、訪問介護等の来訪者用駐車場の貸し出しを実施しておらず、一時貸し駐車場が少ない住宅街にて、介護車両や来訪者の駐車スペースの確保は課題となっていました。

akippaで公社が管理する団地の駐車場を貸し出すことにより、訪問介護事業者や入居者または、その家族等が事前に団地の駐車場を予約ができるようになります。その結果、訪問介護等を利用する際の駐車スペースの不安を解消することができます。また、大阪府住宅供給公社の担当者によると、2年前より、一部団地でakippaでの駐車場貸し出しを実施した結果、迷惑駐車対策や駐車場管理業務の軽減等に一定の効果が見られました。また、団地入居者以外も団地の駐車場の利用が可能となるため、近隣の住宅への来客用駐車場として活用するなど、団地および近隣を訪れるドライバーの利便性向上が期待できることから、今後はすべての空区画での実施を予定しているとの事です。

 

 

■駐車場概要

akippa掲載台数:
80団地1400台

貸し出しエリア:
大阪市、河内長野市、堺市、高槻市、吹田市、池田市、豊中市、茨木市、東大阪市、守口市、寝屋川市、枚方市、門真市、泉大津市、岸和田市
(順不同)

akippaでは、今回の駐車場貸し出しをはじめ、今後も全国の住宅団地の空き駐車場を有効活用する取り組みを進めていきます。
そして駐車場を通して、多くの人の困りごと解決に努めてまいります。

※平成30年版高齢社会白書(全体版)
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/zenbun/index.html

■大阪府住宅供給公社とは
地方住宅供給公社法に基づく特別法人で、大阪府の全額出資により昭和40年に設立され、高度経済成長期の住宅不足への対応や居住水準の向上など、時代のニーズを先取した事業を実施してきました。
近年は、住宅団地ストックの向上をめざし、子育て世帯や高齢者等に対する良質な住宅の供給や、市町や民間企業等と連携し、地域住民に求められる施設の導入を図るなど、地域のまちづくりに取組んでいます。
https://www.osaka-kousha.or.jp/

■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。また、2018年11月に会員数100万人を突破しました。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email:pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. ​akippaが大阪府住宅供給公社の駐車場、80団地1400台の貸し出しを開始