地域活性化を目指す起業家が集う『地方創生ビジネスハブ』

「パソナグループ本部ビル」東京駅前に6月開設

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部 靖之)は、今年6月に東京都千代田区大手町に「パソナグループ本部ビル」を開設いたします。ビルにはグループ各社が入居するとともに、地域活性化を目指す起業家やベンチャー企業のほか、地方自治体の事務所、地方へのUIJターン窓口が入居し、官民連携の促進による地方創生の実現を目指す『地方創生ビジネスハブ』のサービスを提供してまいります。

URL: http://www.business-hub.tokyo

『地方創生ビジネスハブ』では、起業を志す方やベンチャー企業、フリーランスで働く方、また女性起業家や外国人起業家など多様な人材が集い、その事業成長を支援する「インキュベーションラウンジ」のほか、全国の地方自治体の東京オフィスやUIJターン窓口などが入居する「地方自治体ラウンジ」などを設け、様々なアントレプレナー・事業者が集まることで新たな価値創造を目指します。

パソナグループはパソナグループ本部ビルにおいて、女性や若者、中高年など様々な方々の多様な価値観に合わせた働き方を支援すると共に、『地方創生ビジネスハブ』を通じて地方創生に関わる“ひと・企業・地方”を結びつけることにより、社会の問題点を解決する新たな事業の創造に取り組んでまいります。

■「地方創生ビジネスハブ」概要
目的: 地方創生に関わる“ひと・企業・地方”を結びつけ、地方創生アントレプレナーの育成とイノベーション創出を目指す
開設: 2017年6月(予定)
場所: パソナグループ本部ビル(東京都千代田区大手町2-6-2)
面積: 約630坪(予定)
機能:
①インキュベーションラウンジ
ベンチャー企業や個人が働くコワーキングスペースや個室オフィス、打合せスペースなどを設置するほか、定期的なビジネスセミナーや交流会の開催、各種起業・経営支援を実施
②地方自治体ラウンジ
地方自治体の東京オフィスやUIJターン窓口等が入居するオフィス、交流スペースなどを設置

■「インキュベーションラウンジ」入居者の募集
募集開始: 2017年2月20日(月)
対象:
・ベンチャー企業、団体(法人)
・フリーランスの方、個人事業主の方、副業を目指す方(個人)
・地域活性を志す起業家 など
プラン:
(A)デスク会員(コワーキングスペース利用)
(B)ルーム会員(個室オフィス利用)※法人登記可能
利用時間: 8:00~22:00 月~土曜日(祝日・年末年始・ビル休館日等を除く)
特長:
①多様なワークスタイルに対応するビジネス環境
・打合せスペース、会議室、セミナールームの利用
・オフィスサービス(コピー・FAX、Wi-Fi、オンデマンド印刷)の利用
・郵便ポスト、法人登記(ルーム会員のみ)
②新たな事業を生み出すビジネスコミュニティ
・各種ビジネスセミナーの開催
・利用者交流イベント、官民連携イベントの開催
・プレゼン審査によりビジネスプランへの起業支援を実施
③安心とホスピタリティ
・カフェテリア、スポーツジム等の利用
・福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
・24時間365日対応のなんでも相談窓口「セーフティネット」
※内容により別途利用料がかかります
お申込み: http://www.business-hub.tokyo

※記載内容は都合により一部変更になることがあります。

■「パソナグループ本部ビル」概要
所在地: 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル
階数: 地下3階~地上13階
面積: 約1万5千坪
開業: 2017年6月(予定)

※記載内容は都合により一部変更になることがあります。
※各フロアの詳細は決まり次第、発表いたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パソナグループ >
  3. 地域活性化を目指す起業家が集う『地方創生ビジネスハブ』