エアゾール缶の市場規模、2026年に122億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「エアゾール缶の世界市場 (~2026年):材料 (アルミニウム・スチール・プラスチック)・製品タイプ・タイプ (液化ガス・圧縮ガス)・エンドユーザー産業 (パーソナルケア・ヘルスケア・家庭用品・自動車)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月15日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1006619-aerosol-cans-market-by-material-aluminum-steel.html


エアゾール缶の市場規模は、2021年の102億米ドルからCAGR3.7%で成長し、2026年には122億米ドルに達すると予測されています。 エアゾール缶市場では、パーソナルケア、家庭用品、自動車、ヘルスケアなどのエンドユース産業からの需要が拡大しています。

COVID-19によるエアゾール缶市場への影響

当初、エアゾール缶の製造は、世界各国でのロックダウンや製造施設の運営停止により中止されました。エアロゾル缶製品のほとんどは、ヘルスケアを除く非必需品に該当するため、生産中止を余儀なくされました。企業は、この損失を抑えるために、除菌ボトルやフェイスマスクなどの必須製品の生産を開始しました。ロックダウンが解除された後、各社は一般的なものよりも小さなサイズのエアゾール缶の製造を開始しました。非必需品のカテゴリーに属する多くのエアゾール缶包装製品に対し、価格を下げ、缶のサイズを小さくすることで、顧客は容易に購入することが出来るようになりました。

ビューティースパ、サロン、パーソナルケアパーラーなどでのパーソナルケア製品の需要は激減しましたが、家庭での利用は増加しています。家庭でのパーソナルケア製品の使用が増えたことで、エアゾール缶の需要が増加しています。家庭用製品や自動車用製品に関して、これと同じような消費者行動が見られます。家庭で時間を持て余している人が、家や車の手入れを自分でするようになりました。また、ヘルスケア用エアゾール缶製品は必須製品に含まれており、パーソナルケア、家庭用、自動車用など、他のエアゾール缶製品に比べて需要が増加しています。

牽引要因:化粧品・パーソナルケア業界の成長

エアゾール缶市場では、化粧品・パーソナルケア、食品・飲料、ヘルスケアなどのエンドユース産業からの需要が増加しています。パーソナルケア業界は、エアゾール缶市場の58.6%を占めています。可処分所得の増加、消費者のライフスタイルの変化、製品のプレゼンテーションと差別化、デオドラント、ヘアスプレー、フェイス・ボディクリームなどのパーソナルケア製品の需要増加により、エアゾール缶の消費が増加しています。

抑制要因:多様な代替品の存在

エアゾール缶の製造に使用される材料は、比較的高価です。また、製造コストは、廃棄コストとともに、製品の総コストに加算されます。エアゾール缶は、スプレーを必ずしも必要としない用途であれば、チューブや熱成形、その他の柔軟なパッケージ、および硬質プラスチックや金属製パッケージなど、安価な代替品が利用できます。また、スプレー用途でも、エアゾール缶から詰め替え用のスプレーボトルへの置き換えが進んでいます。この詰め替え用スプレーボトルでは、廃棄する必要がないため、エアゾール缶に比べて安価であり、環境にも優しいものとなります。これらの要因が、今後の市場の成長を制限する可能性があります。

市場機会:新興国の高い成長性

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)やCIVETS(コロンビア、インドネシア、ベトナム、エジプト、トルコ、南アフリカ)などの新興国は、今後数年間のエアゾール缶市場で、急速に成長する地域になると考えられます。これらの国の成長の主な要因は、良好な人口動態、世帯収入の増加、消費者のライフスタイルの変化により、缶利用が高まっていることが挙げられます。同時に、ライフスタイルの変化から、パッケージや使用方法における利便性への要求を高めることにつながります。





【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1006619-aerosol-cans-market-by-material-aluminum-steel.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. エアゾール缶の市場規模、2026年に122億米ドル到達予測