インドネシアにおいてアンタム社から循環流動層ボイラー採用の石炭火力発電設備一式を受注

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 晴、以下「住友商事」)は、インドネシア国営資源大手PT Antam (Persero) Tbk社(本社:インドネシア、代表:Alwinsyah Lubis、以下「アンタム社」)より、石炭火力発電設備一式(3万キロワット2基)をEPC(設計・調達・建設)にて受注しました。
main image

アンタム社は1970年代より同国スラウェシ島南東部ポマラー地区にてニッケルの精錬事業を行っており、そのプラント拡張計画に沿って循環流動層(CFB(注1))ボイラーを採用した石炭火力発電設備一式の新規建設を決定。国際入札を経て、住友商事が2012年12月にEPCコントラクターとして本発電プラントの工事を請負うことが決定しました。本工事の受注額は約120億円であり、2015年6月の完工を予定しています。

 

本発電プラントの主要機器として採用されたCFBボイラーは、インドネシア国において過半の埋蔵量がありながらもこれまで利用が進んでいなかった低品位炭を直接燃焼させることができる設備です。今後同国において同低品位炭の開発が進み、石炭を含む天然資源の効率的開発、ならびに新規電源開発に資することが期待されています。

 

本案件に採用されるCFBボイラーを含む発電機器は、発電設備分野大手であり、多くの経験を持つ住友重機械工業株式会社によって納入されます。

 

本プロジェクトを含め、住友商事が建設や納入に関わったインドネシア国での発電総容量は約10,000メガワットに達し、同国の電力供給能力の約25パーセントに相当、確固たる実績を残しています。

 

住友商事は、本工事を円滑に完工させるとともに、インドネシア国にて同様の循環流動層ボイラーを採用する石炭火力発電所案件に積極的に取り組み、同国の電力需給バランスの改善への更なる貢献を目指します。

 

(注1) CFBボイラー:循環流動層ボイラー。一般的に発電用途には適さないとされてきた低品位炭やバイオマス燃料を燃焼することが可能。

 

【参考資料(写真)】
1.発電所位置図
2.完成予想図

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 住友商事株式会社 >
  3. インドネシアにおいてアンタム社から循環流動層ボイラー採用の石炭火力発電設備一式を受注