ノック式シャープペンシルの最高峰オレンズネロに限定カラー登場

「nero=黒」にとことんこだわった“黒バリエーション”2色を発売

ぺんてる株式会社は、ノック1回で芯が出続ける話題のシャープペンシル「オレンズネロ」の初めての限定カラーを数量限定で発売、2019年12月17日(火)より順次出荷開始します。

オレンズネロは、1960年に世界初のノック式シャープペンシルを生み出したぺんてるが、半世紀にわたり追求してきた技術を結集したフラッグシップモデルです。1回のノックで芯が1本無くなるまで書き続けられる「自動芯出し機構」を搭載し、シャープペンシルとしては高価な3,000円という価格設定ながら、発売後はしばらく品薄状態が続くほど話題となりました。ボディカラーは黒一色のみで、イタリア語で黒を意味する「ネロ」が名前の由来となっています。
今回は初めての限定カラーということで、オレンズネロらしさである「黒」にこだわり、黒をベースカラーとした「ブルーブラック」「ガンメタル」の2色を発売いたします。

■限定カラーの商品特長■
1.オレンズネロの名前にふさわしい黒をベースカラーとした2色展開

名前の由来となった「黒」にこだわり、色味や質感を掛け合わせ、黒系のバリエーションを数十種類ほど検討、よりオレンズネロらしさのあるマット調の「ブルーブラック」と「ガンメタル」を選びました。

2.角度によって黒にも見えるマット調の偏光パール(*)とメタリック塗装
偏光パールやメタリックが含まれている塗装にしたことで、角度によってベースカラーの黒のみが見えたり、ブルーブラックやガンメタルが際立ったりと、色の見え方が変化します。しっかりとベースカラーの黒の印象を残すことで、オレンズネロらしさを実現しました。
(ブルーブラック:偏光パール塗装、ガンメタル:メタリック塗装)
*偏光パールとは、光の当たる角度や下地の色によって見え方が変化する顔料。


■オレンズネロの商品特長■
1. ペン先を離すたびに芯が出てくる!ノック不要の「自動芯出し機構」

ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が出てくる機構を搭載。1回のノックで、芯が1本無くなるまで書き続けられます。この機構が芯径0.2mmのシャープペンシルに搭載されるのは世界初です。
2.ペン先で芯を守って書く!芯の折れない「オレンズシステム」
芯の減り具合に合わせて、ペン先のパイプがスライド。パイプで芯を守ったまま書き続けられるので、芯径0.2mm・0.3mmの極細芯でも折れません。

 

3. ブレのない12角形の一体軸
前軸と後軸に継ぎ目がないことで、ブレない書き心地を実現しました。持った時の安定性と、筆記時の操作性に優れています。
4. バランスにこだわった低重心グリップ
書くために最適な重量バランスを追い求め、樹脂と金属粉を混ぜ合わせた特殊素材を採用しました。軽い筆圧で安定して書き続けられます。

オレンズネロ特設サイトURLhttp://pentelorenznero.jp/


■販売仕様■


 

■お問い合わせ先■
ぺんてる株式会社 お客様相談室 (フリーダイヤル)0120-12-8133

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ぺんてる株式会社 >
  3. ノック式シャープペンシルの最高峰オレンズネロに限定カラー登場