【西日本豪雨】国際NGOセーブ・ザ・チルドレンが、子ども支援ニーズを調査する緊急支援対応チームを被災地に派遣

子ども支援の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎/専務理事・事務局長:千賀邦夫、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、西日本を襲った記録的な豪雨による被害の拡大を受けて、東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨の緊急支援に対応した職員などから構成される、西日本豪雨緊急支援対応チームを立ち上げました。


緊急支援対応チームは、本日、被災した地域の子どもたちの状況やニーズを把握し、子どもたちの支援に尽力するために、岡山県倉敷市真備町を中心に、被災地域の調査に入ります。

緊急支援対応チームは、避難所などで、すぐに「こどもひろば」*を開設できるよう準備をしています。

*「こどもひろば」とは
被災した子どもたちのために、避難所などに設置する安心・安全な空間。子どもたちが被災前の日常生活で行っていた遊びなどを通して、子どもらしくいられる時間を取り戻し、被災による影響からの立ち直りをサポートします。セーブ・ザ・チルドレンは、この「こどもひろば(Child Friendly Space)」を世界中の紛争や災害などの緊急支援現場で実施しています。熊本地震の際には、益城町の避難所5カ所に「こどもひろば」を開設し、のべ約2,100人の子どもたちが参加しました。

 

<西日本豪雨緊急支援 ご寄付の受付先>
口座名:セーブ・ザ・チルドレン緊急援助基金
口座番号:00980-7-57019
※ 備考欄に「西日本豪雨」とご記入ください。
※ 振込手数料はご負担をお願いしております。
※ 領収証ご希望の方は、振込用紙通信欄にその旨ご記入ください
クレジットカードによるご寄付はホームページから
http://www.savechildren.or.jp/lp/2018hr/
(ご寄付の受付先 2018年7月12日更新)

 

<セーブ・ザ・チルドレンとは>
セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際NGOです。1919年に英国で設立され、現在、日本を含む29の国と地域の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で子ども支援活動を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 【西日本豪雨】国際NGOセーブ・ザ・チルドレンが、子ども支援ニーズを調査する緊急支援対応チームを被災地に派遣