アメリカのクラシックスタイルを再構築したDrake’sの2018年春夏コレクションがドレイクス銀座店に新入荷

​イギリスの高級紳士服・アクセサリーブランドであるDrake’s(ドレイクス)のアジア地区初の直営店「Drake’s Ginza」に2018年春夏の最新コレクションが新入荷しました。


ドレイクスの2018年春夏コレクションでは、アメリカのクラシックスタイルの理念を探求しヨーロッパの文脈にもとづいて再構築した、ヨーロッパとアメリカの感性が融合した色彩豊かなアイテムをご覧いただけます。

しなやかでリラックスしたイタリアンテーラリングをベースに、ミッドセンチュリーのアイビースタイルに好まれる、マドラスチェックやシアサッカーを使用したスーツやジャケット。両面パイルのポロシャツや洗練されたスポーツジャケット、丈夫なリネン素材を使用したオーバーシャツを上品に仕立てたパンツと組み合わせるなど、従来のドレスコードに捉われないコーディネートを提案します。

また、サウスカロライナ州チャールストンで撮影したルックブックでは、ヨーロッパの視点を通した理想とするアメリカ郊外の美しい風景を表現しています。

 


取扱店舗
Drake’s Ginza(ブリティッシュメイド 銀座店内に併設)
東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 5F
営業時間:10:30 ~ 20:30
www.drakes.com
www.british-made.jp

Drake’ s(ドレイクス)
1977 年創業のDrake’sは、ロンドンのファクトリーにてハンドメイドされるオリジナルのネクタイや、サマーセット州で作られる高品質なシャツなど時代を超えて着用できる紳士服を、英国で培われた豊かな仕立ての伝統を受け継ぎながら、最高級の素材と独創的な製法にこだわって生み出しています。
 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 渡辺産業株式会社 >
  3. アメリカのクラシックスタイルを再構築したDrake’sの2018年春夏コレクションがドレイクス銀座店に新入荷